黒歴史&しくじりを経て…今井華のメッセージに、ハライチ澤部「むちゃくちゃイイ女」

「バイブス」今井華が"黒歴史としくじり"を告白 テレビ朝日系『しくじり先生』に出演

記事まとめ

  • 13日放送の『しくじり先生』にかつて"バイブスギャル"として注目を集めた今井華が登場
  • 「バイブスバイブス言ってたらバイブスが激下がりしちゃった先生」として授業を行う
  • ほか、オードリー若林正恭、平成ノブシコブシ吉村崇、ハライチ澤部佑らも出演

黒歴史&しくじりを経て…今井華のメッセージに、ハライチ澤部「むちゃくちゃイイ女」

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験を教えてくれる『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。

©テレビ朝日

5月13日(月)の同番組では、かつて“バイブスギャル”としてバラエティ番組に引っ張りだこだった今井華が登壇。

「バイブスバイブス言ってたらバイブスが激下がりしちゃった先生」として授業を行う。

◆“バイブス”が今では「死ぬほど嫌いな言葉」に

教室に登場すると、オードリー・若林や平成ノブシコブシ・吉村から「なんか、いい女になったね」「上品になったよね」という声があがるほど雰囲気が変わっている今井。

©テレビ朝日

そんな彼女から、さっそく衝撃の発言が飛び出す!

それは、代名詞ともいえる“バイブス”という言葉が今では「死ぬほど嫌いな言葉」で、「あるときから“バイブス”という言葉を聞くだけで身体が拒絶反応を起こす“バイブス恐怖症”にかかってしまった」というもの。

実際に、授業の中で「バイブス」と口にするだけで鳥肌が立ってしまっていることも明かす。

一体なぜ、今井は“バイブス恐怖症”になったのか? 授業では、中学時代から振り返って自身の“黒歴史”が説明されていく。

◆ハライチ澤部、今井華に「むちゃくちゃイイ女だな」

埼玉県秩父郡長瀞町出身の今井華。中学3年の夏休みに髪を染めてギャルの道へ入り、その後ギャル雑誌『egg』でモデルデビュー。あっという間にギャル界のカリスマとなった。

そんな今井は、中学・高校の頃からとにかく「普通」といわれるのが嫌い。“普通じゃない自分”をアピールしたいがため、外見を派手にして目立とうとするだけでなく、恋愛においても強烈な内容の思い出をたくさんつくっていた。

教室は“ドン引き”するものの、今井自身は「最高だった」と振り返る恋愛の思い出とは?

©テレビ朝日

そして今井は、2013年に恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演し一気に知名度を上げ、その後バラエティ番組にも出演し大ブレイク。「バイブス」という言葉を流行らせ、2013年のギャル流行語大賞1位を獲得するまでになる。

しかし、そこからが“しくじり”の始まり。

今井は、テレビに出演するなかで自身の“ある本質”に気づいていき、バラエティ番組での活動に限界を感じ始めるようになったという。そして結果的に、自らテレビの仕事から離れ、さらに「バイブス」までをも忌み嫌うようになっていった…。

今井は今回、自らの“黒歴史”も踏まえ、「ティーンエイジャーがやりがちな3大しくじり」を説明しながら授業を展開。最後には、自分のような若者たちに向け、人生の教訓となるメッセージを語りかける。

メッセージの最後、「これが今の今井華です!」と締めると、生徒のハライチ・澤部は思わず「むちゃくちゃイイ女だな」と一言。そう言わしめた、現在の今井の渾身のメッセージとは?

©テレビ朝日

また、地上波放送直後、深夜0時50分からお送りする「Abemaビデオ」では、“今井華先生”の授業の完全版をオンエア。

さらに、過去の神回を振り返る『しくじり先生クラシック』もお届け。今回は、一般人のしくじり先生をリポートする『課外授業SP』(2014年8月放送)から、『詐欺師のプロでありながら詐欺師に騙された大山眞人先生』がフィーチャーされる。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!』
2019年5月13日(月)深夜0:20〜深夜0:50、テレビ朝日

※「Abemaビデオ」今井華先生の授業の完全版+『しくじり先生クラシック』は、5月13日(月)深夜0:50〜無料配信

 

関連記事(外部サイト)