大森南朋、“弟子”飯豊まりえと息ピッタリ!メイク中に…突然セリフ合わせ

7月11日(木)からスタートする『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』の記者会見がテレビ朝日本社で行われ、主演の大森南朋のほか、松雪泰子・飯豊まりえ・高杉真宙・西田敏行・仲村トオルが登壇した。

©テレビ朝日/テレ朝POST

事件の真相を追い求める無骨な天才法医官が、“真実”を隠ぺいしようとする絶対的権力に立ち向かい、熾烈な戦いを繰り広げる姿を描く同作。

原作は、韓国で最高視聴率25.5%を獲得した人気ドラマ『サイン』(2011年)。韓国で初めて法医学を扱ったドラマとしても話題になった。

©テレビ朝日/テレ朝POST

民放ドラマ初主演となる大森南朋は、今回の法医学者という役について「学者の役なので難しいのですが、実際の解剖医の方にいろんなことを教わりながら手探りでやっています」とコメント。

大森演じる解剖医の弟子・中園景(なかぞのけい)を演じる飯豊は、「南朋さんは次の回のセリフも全部頭に入っていらっしゃるので、私がひとりで練習していると、参加してくださるんです。メイク中には突然、南朋さんのセリフが聞こえてきて、あうんの呼吸のような感じでセリフ合わせをしています(笑)」と、撮影前から息ピッタリだと明かす。

©テレビ朝日/テレ朝POST

また大森は、司会の島本真衣アナウンサーから撮影現場のようすについて聞かれると、「たいへんなこともたくさんあるんですけど、飯豊ちゃんがすごい盛り上げてくれて楽しくやっています」と返答。

大森が自ら飯豊にInstagram に載せる“即興コント”を提案することなどもあり、共演者とともにSNSの投稿を全力で楽しんでいるようだ。

©テレビ朝日/テレ朝POST

続いて、警視庁捜査一課の警部補・高橋紀理人(たかはし きりと)を演じる高杉真宙も、上司である捜査一課の管理官・和泉千聖(いずみ ちさと)を演じる松雪泰子について、「毎回ネクタイを引っ張られ怒られています(笑)」と上司と部下らしいエピソードを披露。

また、普段は冷静で落ち着き払っているが実は酒癖が悪い…という松雪演じる和泉管理官との居酒屋シーンについては、「あのシーンでいろいろお話をさせていただいて、役としても松雪さんご自身とも、距離が近くなった感じがします」と振り返り、それには松雪も微笑みながら頷いていた。

©テレビ朝日/テレ朝POST

記者会見当日の7月4日は高杉の23歳の誕生日ということで、壇上にはカラフルな“巨大綿あめ”を施した誕生日ケーキが登場。甘いものが大好きという高杉は大喜びし、「一歩一歩、しっかりと撮影を頑張っていきたいです」と23歳の抱負も語った。

西田敏行も「面白くて昨夜は2回見てしまった!」と絶賛する、新ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』。全話を通して複雑に絡み合う驚愕の物語展開をしていく同作に期だ!

※番組情報:木曜ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』
2019年7月11日(木)スタート!【毎週木曜】午後9:00〜午後9:54、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)