R-1優勝の中山功太、“月収22円”に転落!勘違い否定男だったと汗まみれで猛省

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験を教えてくれる『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

©テレビ朝日

7月8日(月)放送の同番組には、お笑い芸人・中山功太が登場。

“自分をおもろいと思って、おもんないと言いまくってた 一番おもんない先生”として授業を行う。

◆「R-1」優勝から…月収わずか22円に大転落!

中山功太は、1980年6月生まれ、大阪NSC(吉本総合芸能学院)出身。2009年、「R-1ぐらんぷり」優勝、2015年「歌ネタ王決定戦」優勝に輝いたお笑い芸人だ。

ところが、「R-1ぐらんぷり」優勝から6年後の月収は…わずか22円!

現在の状況はさらに悪化しており、週2〜3日アルバイトに励み、芸人としての収入は月2万円。しかも500万円もの借金まで抱えている…。

中山はその転落の理由を、子供の頃からテレビや劇場に出ている芸人たちを見て、口癖のように「おもんないわ〜」と言ってきたからだと分析。自分のことを天才的に面白い人間だと勘違いした挙句、周囲を「面白くない」と否定しまくり、その結果、自分が一番面白くなくなっていた、という。

◆禁断のぶっちゃけ!ディスっていた芸人は誰…?

今回中山は、“自分が一番面白くない”という自覚をやっと持つことができたため『しくじり先生』出演を決断したと打ち明け、かつて自分が“コイツ面白くないな”と思っていた“3大おもんない”をぶっちゃけていく。

いったい、先生が面白くないとディスりまくっていた芸人とは、どんな人たちなのか?

授業の最後には、「面白くない」と周囲を否定ばかりしている人々に向けて、自身のしくじりから得た人生の教訓を真摯に語る。中山功太が壮絶なしくじりから気づいたこととは、はたして?

©テレビ朝日

あまりに熱が入りすぎて、授業中に汗をたくさんかいた中山は、

「会議をさせていただいた中での僕の発言を生かして作って下さった台本が面白すぎて、これをしくじったらシャレにならないので、とにかくそれを崩さないようにと思い、授業をしました。“汗拭いてください”なんてカンペ、滅多に出ないと思うんですけど、熱弁がすぎまして汗が止まりませんでした」

と、全力で挑んだ授業の感想を吐露。

さらには、「スタジオは自分の好きな芸人さんの方ばっかりだったので、いいリアクションをしてくださって授業はやりやすかったです」と、かつての先生からは考えられない感謝の言葉も…!

また、「『AbemaTV』でも見られるということなので、“こんな感じでしたけど、ついにテレビに出られましたよ!”ということを関西の方にも伝えたいです」と、『AbemaTV』での視聴も呼びかけていた。

©テレビ朝日

地上波放送直後、深夜0時50分からお送りする「Abemaビデオ」では、そんな中山功太先生の授業“完全版”をオンエア!

さらに、元“伝説のヤンキー”黒石高大をバラエティースターに押し上げるべくプロデュースしていく一大プロジェクトも。

前回はどんなジャンルのバラエティーを目指すべきかを黒石と相談し、先生に宿題をお願いしたところまでを届けしたが…。今回はなんと、グルメ・情報番組への出演を目指すべく、黒石が食レポに挑戦したVTRを持参して登場する!

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!』
2019年7月8日(月)深夜0:20〜深夜0:50、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、毎週月曜深夜0:50から「Abemaビデオ」

関連記事(外部サイト)