『べしゃり暮らし』間宮祥太朗×渡辺大知の漫才に、徳永えり「感動で泣いてしまった」

人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと上妻圭右(間宮祥太朗)と、高校生ながら元プロ芸人の辻本潤(渡辺大知)の成長と奮闘を描いた青春ドラマ『べしゃり暮らし』

大人気漫画家・森田まさのりが描く同作は、今回が初映像化。芸人の枠を越え映画監督としても活躍する劇団ひとりが連続ドラマの演出に初挑戦する。

さらに、B’zが主題歌『きみとなら』を提供するなど放送前から贅沢なビッグニュースが続き話題沸騰中だ。

©テレビ朝日

先日、「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION」特設ステージにて同作の記者会見が実施され、間宮祥太朗・渡辺大知・矢本悠馬・小芝風花・堀田真由・浅香航大・尾上寛之・駿河太郎・徳永えり・寺島進らキャストたちが登壇した。

壇上にそろった10人のキャストが、まずはそれぞれ挨拶。今年29歳になる渡辺は、「みんな “いいトシ”なのに、本当に高校生に戻ったかのような“ワチャワチャ感”がありましたね」と楽しく撮影が進んだことを打ち明けた。

◆演出・劇団ひとり「ぜひお笑いも続けて!」

演出の劇団ひとりは本作の編集作業があるため、残念ながら会見を欠席。かわりにビデオメッセージを寄せた。

ビジョンに映し出された劇団ひとりは、「役者の皆さんの力があって、撮影も順調にいきました。特にお笑いや漫才をやった役者さん方は本当に骨の折れる作業だったと思います。おかげで非常に良いものが撮れました」と演者たちをねぎらい称賛。

さらに、本作をきっかけにせっかくはじめたお笑いをこのまま終わらせてしまうのはもったいないと感じたようで、「この作品でコンビを組んだ人たちは、実際にコンビでライブに出たり、M-1に挑戦したりして、続けてほしいです!」と訴える一幕もあった。

◆漫才に挑戦の裏話!共演者の感想は…

登壇したなかで漫才師役を演じたのは、間宮・渡辺・小芝・浅香・尾上・駿河の6人。間宮と渡辺は、演出の劇団ひとりからアドリブ感を大切にするため「練習しないでくれ」と指示を受けたという。反対に、尾上と駿河は2人でかなり練習に励んでいた様子。

また、その漫才を実際に観た矢本・堀田・徳永・寺島の4人も率直な感想を述べた。

矢本は、「面白いですよ。皆さん、期待していいと思います。僕は2人の漫才を見て笑うシーンが多いんですけど、素直に笑ったので」と、間宮と渡辺が演じる漫才コンビ・きそばATにお墨付き。

さらに圭右の姉・しのぶ役を演じる徳永からは、「うちの弟は本当に面白いです。びっくりしました。2人の漫才を見たとき、純粋に笑いを通り越して、感動で泣いてしまいました」という告白も飛び出した。

◆間宮×渡辺、大観衆を前に新作漫才披露!

©テレビ朝日

本作の見どころについて間宮は、「漫才シーンももちろんですが、芸人たちの葛藤や悩みの部分だと思います」と話し、渡辺は「がむしゃらさが伝わるようなドラマになっていて、毎話のように漫才シーンがあり、徐々に漫才も成長していくので、是非見守ってほしいです!」とコメント。

さらに、司会を務める弘中綾香アナウンサーから「漫才、見てみたいですよね!?」と半ば無茶ぶりを受けた間宮と渡辺…。

だが2人は、作中の上妻圭右と辻本潤が組む漫才コンビ・きそばATとして550人の聴衆から受ける大きなプレッシャーもはねのけ、アドリブを随所に盛り込んだネタを見事に披露会場は爆笑の渦に巻き込まれた

笑いに青春をかける熱い若者たちと、彼らを取り巻く人々が織りなすヒューマンストーリー。笑いに満ち、時に涙を誘うドラマ『べしゃり暮らし』に期待だ。

◆間宮祥太朗(上妻圭右 役)コメント

「さきほど、劇団ひとりさんからコメントをいただきましたが、ハードルを上げられましたね(笑)。

漫才の出来については、自分たちでは判断しかねるというか、ひとりさんがオッケーと言ったのであればオッケーだろう、という期待と願いを込めてやっていました。その点、“デジタルきんぎょ”を演じた尾上さんと駿河さんは、作中でM-1の決勝に出るぐらいの漫才をされている役柄なので、本当にすごく骨の折れる作業だったと思います。

僕たちは、最初はめちゃくちゃ練習して本番に臨むはずだったんです。休みが潰れてもいいから、何度も練習するつもりだったんですが、最初に台本を2人で読んだら、ひとりさんから『漫才の感じが出ないので、適当に2人で言いたいことを言い合って漫才を楽しんでやってみてくれる?』と指示をされました。

それで適当にやったら、『それでいいから本番まで練習しないで』ということになり、不安でした本番まで2人で1回も合わせなかったですからね毎話、毎話、いろいろな漫才が出てくるんですが、アドリブ漫才に関しては、本当に稽古していないんです

このドラマのいちばんの見どころは、漫才シーンももちろんですが、芸人たちの葛藤や悩みの部分だと思います。悩む姿や、コンビの中での関係性など、芸人さんの本来見せない部分をすごく描いています。どちらかというと人情的なところがキモになっています。

漫才も毎話ある楽しめるコンテンツですが、テレビで見ている芸人さんからはふだん伝わらない、応援してくれる家族、友人、幼馴染、元コンビなどといった人間関係の方がメインなのかなと思います」

※番組情報:『べしゃり暮らし』
2019年7月27日(土)よる11:15スタート!【毎週土曜】よる11:15〜0:05放送、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)