長嶋一茂、キャッシュレス化が進まない理由は「現金を見てないと…」

石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子が、世のなかをザワつかせる話題を斬りまくる番組『ザワつく! 金曜日』

7月19日(金)に放送された同番組では「現金を触らないスマホ決済を考える」というテーマで、ザワつくトリオが議論を繰り広げた。

©テレビ朝日

スーパーやコンビニなどでの支払いはもちろん、最近ではお賽銭やお年玉、ご祝儀までがスマホ決済でおこなわれ、キャッシュレス化が進んでいる。

そんな現金に触らなくなる風潮に対して「日本人の習性としてキャッシュレスにはならない!」と言い切る一茂は、その理由を「現金を見てないと落ち着かない人も多い」と説明。一茂自身はスマートフォンを持っているが、スマホでの決済方法が良くわからないため、現金とマイレージがたまるクレジットカードを利用しているという。

つづけて一茂は「スマホ(の決済)でも利用時にマイレージが貯まるようになると思う」といつもの調子で語ると、ちさ子から「もう、とっくにそういうのあるから」とツッコミが入る。つづけて、ちさ子は「あんまり大きい声でしゃべんない方がいいと思う」といまいちスマホ決済に乗り切れていない一茂をバッサリひとことで切り捨てた。

一茂や「(利用中の携帯電話は)ガラケーだもん」と開き直る良純とは対象的に、「100歳まで生きるつもりなので、(新しいことには)乗り遅れちゃいけない」と考えているちさ子は、既にスマホ決済を導入しており、キャッシュレス化の波に乗っているという。

さらにちさ子は「最近の子どもたちは、現金に対して反応しなくなっている」と話し、「お年玉も現金よりAmazonギフトカードのほうが喜ばれる」と時代を感じさせる驚きのエピソードを明かした。

そんなザワつくトリオに、進行役のサバンナ・高橋茂雄が「皆さんはカードの利用明細は家族に見せられますか?」と質問すると、3人は一気にトーンダウン。目を泳がせながら「絶対に見せない…」と各々がつぶやいた。

クレジットカードで買い物をすると購入履歴は残るため、高橋が3人に「何か“やましいこと”があるのか?」と追求すると、一茂が「“やましいこと”は現金で。カードを使うとバレるだろ!」と答え、「だからキャッシュレス時代は来ないって言ってるんだよ!」という“トンデモ持論”を展開した。

※番組情報:『ザワつく!金曜日』
毎週金曜日 夜8時57分〜、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)