山田涼介「初めて!」と心を躍らせる!『セミオトコ』のBBQシーン撮影で貴重な体験

突然目の前に現れた美しきセミの王子様と暮らすことになった、さえないアラサー女子――。ふたりの7日間の純愛を国民的脚本家・岡田惠和が大人のおとぎ話として描く山田涼介主演の金曜ナイトドラマ『セミオトコ』

8月23日(金)放送の第5話には、「うつせみ荘」の住人たちが庭先でバーベキューを楽しむシーンが登場する。

©テレビ朝日

このシーンでは、山田、木南晴夏をはじめとしたキャスト陣が勢ぞろい。真夏の太陽の下、まるで本物のバーベキューを楽しんでいるかのような和やかな1日を過ごした。

◆「うつせみ荘」メンバーがBBQ!山田にはある“お友達”が…

現場にやってくると同時に「うつせみ荘」の庭にセットされたバーベキュー道具を見ると、木南は「楽しそう!」と思わずテンションUP。

やついいちろうも「これ、絶対楽しいやつじゃん!」と喜び、檀ふみも本格的な道具と食材に「おいしそうね」と興味津々の様子だった。

暑いなかでのロケということで、合間にはお互いに扇風機の風を当て合ったり、水分補給の声を掛け合ったりとチームワークは抜群。ときおり、一緒にバーベキューの具材を覗き込んで談笑するなど、終始和気あいあいとした雰囲気が漂っていた。

さらに、この日はちょっとした事件(?)が…!

撮影中、セミの王子様役を演じる山田が、生まれたばかりのセミが地面を歩いているのを発見「踏まれちゃ可哀想」と腕に乗せ、安全な場所に放してあげようとする

「まだ赤ちゃんで可愛いね」と言いながら、適当な木を探す山田。しかしセミはすっかり山田の腕が居心地よく気に入ってしまったようで、なかなか離れてくれない。

ようやく木に移ることができたセミの赤ちゃんを見つめる山田の優しいまなざし。周囲のスタッフからも、「やっぱりセミオだからセミに好かれるんだね」と笑いが起こった。

山田も「こんなにじっくりセミに触ったのは初めて!」と貴重な体験に心躍った様子。『セミオトコ』ならではのほのぼのとした1コマだった。

初めてのバーベキューに戸惑いながらも楽しそうな表情のセミオ(山田)と、彼の様子を見守りながらも、残り少ない時間を思って胸を痛める由香(木南)。

物語はますます切なさを加速させていく一方だが、撮影現場はこの日も『セミオトコ』らしく、明るく温かな空気が流れていた。

※番組情報:『セミオトコ』第5話
2019年8月23日(金)夜11:15〜0:15放送、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

関連記事(外部サイト)