キンコン梶原の感動授業、急きょ“前後編”に!2カ月半の失踪の全真相を語る

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

©テレビ朝日

9月9日(月)の同番組では、前回(9月2日放送回)大反響を巻き起こしたキングコング・梶原雄太による授業の後編が放送される。

◆失踪中、どこで何をしていたのか?衝撃の全真相

前回、「キャパオーバーで飛んじゃった先生」として教壇に立った梶原。人気絶頂の2003年、2カ月間も芸能界から“飛ぶ”(=何の連絡もなく突然いなくなること)、つまり失踪していた過去を告白した。

前編の授業では、「失踪に追い込まれるまでの精神状態」と「人間が限界を超えたとき、身体が無意識に発する3つのSOSサイン」について解説したが、あまりに衝撃の内容だったため、番組では急遽“前後編”でお届けすることを決定。

今回の後編では、失踪していた2カ月半の全真相を激白する。

©テレビ朝日

「気づいたら兵庫・宝塚のカラオケボックスにいた」「丸3日間の記憶がない…」など、次々と驚愕の真実を打ち明けていく梶原。いったい、失踪していた2カ月半の間、梶原はどこで何をやっていたのか…?

◆梶原を救った“3人の恩人”の支え!

梶原はまた、そんな地獄の状況から復活することができた背景に“3人の恩人”の存在があったことも明かす。救いの手を差し伸べてくれた3人とは、いったい誰なのか? その笑いと感動に満ちた秘話に、教室も思わずほっこりした空気に…

さらには、殴られる覚悟で相方・西野亮廣に失踪を謝罪したときの彼の仰天リアクションや、YouTuberという新たな夢にたどり着いたきっかけについても赤裸々に語られる。

そして授業の最後には、梶原が自身のしくじりから導き出した人生の教訓を伝授。“飛んじゃった”経験を持つ梶原から、仕事が多すぎて限界を感じている人たちに贈るメッセージとは?

©テレビ朝日

また、地上波放送直後、深夜0時50分からお送りする「Abemaビデオ」では、キングコング梶原の後編授業の“完全版”をオンエア。

さらに、大好評オリジナル企画『お笑い研究部』も登場! 今回のテーマは、「若手芸人がバラエティー番組で爪痕を残す、を考える」。ネクストブレーク必至のコンビ「宮下草薙」が、VTR番組でよく使用される“ワイプリアクション”に挑戦する。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!』キングコング梶原先生<後編>
2019年9月9日(月)深夜0:20〜深夜0:50、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、深夜0:50から「Abemaビデオ」

関連記事(外部サイト)