『ドクターX』新レギュラー6名発表!市村正親は、これまでの誰とも違う“大門未知子の敵”に

10月17日(木)より2年ぶりに新シリーズがスタートする米倉涼子主演ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』

第6シリーズとなる最新作では、失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉涼子)が再び日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」に現れる。

そして今回、市村正親、ユースケ・サンタマリア、武田真治、清水ミチコ、藤森慎吾、戸塚純貴が新シリーズにレギュラー出演することが決定した。

©テレビ朝日

令和の時代を迎え、大混乱に陥っていた医療界。「東帝大学病院」も例外ではなく、かつてない大赤字に見舞われた大学病院は“倒産寸前の白い巨塔”と化していた。

そこに現れたのは、「今世紀最大のコストカッター」の異名を持つ、投資家・ニコラス丹下(たんげ)。

世界でも指折りの企業再生のプロである丹下が打ち出す再生プランとともに、「東帝大学病院」は経営再建の道を歩み始めることに。

丹下が推し進めるのは“医療の合理化”。これまでよりさらにAIとの共存や内科的治療の推進を強固なものにするべく、海外から次世代型の医師たちが「東帝大学病院」に呼び寄せられるところから、同作の第6シリーズはスタートする。

◆市村正親「今世紀最大のコストカッター」に

市村正親が演じるのは、「今世紀最大のコストカッター」と呼ばれる海外ファンドの投資家で、日系2世のブラジル人・ニコラス丹下。

ニコラス丹下は、未曾有の財政難に陥った「東帝大学病院」を再生すべく蛭間病院長(西田敏行)が招聘した企業再生のプロ。「私に救えない企業はない」を決めゼリフに数々の病院や会社を救済、そして現在の地位まで上り詰めた。

しかし自身は、幼い頃にブラジルで両親が経営する工場が破綻して一家離散、奨学金で医学部に入学。さらにその後ビジネスの世界に入って新たな手腕を発揮するなど、人知れず苦労を重ねてきた。

「東帝大学病院」にやってきた丹下は、副院長に就任。「東帝大学病院リバースプラン2020」を打ち出し、冷徹なまでのコストカットを断行していく。

未知子とは、とある山奥で偶然出会い、意気投合。その出会いが「東帝大学病院」を去っていた未知子に大きな変化をもたらすことになるのだが…?

今作での役柄に市村は「ニコラス丹下は陰と陽を併せ持つ男。これまでに“大門未知子の敵”という立場で加入された、そのどなたとも違うキャラクターです」と分析。そのうえで、「市村正親ならではの味が出せたら」と意気込んだ。

ともにミュージカルの舞台にも立つ市村と米倉。市村は米倉の印象を「向かい合ったときに目の奥にギラギラと燃えるダンサーとしての心を感じた」と話し、今シリーズのなかでも幾度となく訪れるであろう“丹下と未知子の対峙”にも大きな期待を寄せる。

企業再生のプロであり、医師でもあるニコラス丹下。かつてないタイプのキャラクターを相手に、“失敗しない天才フリーランス外科医”・大門未知子はどのような戦いを見せるのか?

◆ユースケ・サンタマリア、未知子と真っ向から対立!

そして、ユースケ・サンタマリアが演じるのは、外科医の潮一摩(うしお・かずま)。再建計画「東帝大学病院リバースプラン2020」を進める上でもっとも重要な、“医療の合理化”のために設立された新部門を担うべく、丹下がボストンから呼び寄せた人物だ。

「東帝大学病院」にやってきた潮は、次世代インテリジェンス手術担当外科部長に就任。丹下が導入したAIシステムによるオペで、徹底的なコストダウンを図ろうとする。

自らの経験に裏打ちされたスキルと、「失敗しない」という絶対的な自信を持ってオペに臨む未知子とは、当然意見を対立させることになる潮。果たして2人の間では、どのようなやり取りが繰り広げられるのか?

ユースケは、「僕はメジャーなものに縁がなくメジャーなものほど呼ばれなかったので、今回『ドクターX』に呼んでいただけたのは本当にうれしかったんです。『いいキャスティングだった』と思ってもらえるよう頑張ります」と熱い意気込みをコメントした。

◆武田真治・清水ミチコ…個性豊かなキャスト続々

このほかにも個性豊かな新キャラクターが続々と登場する。

武田真治が演じるのは、ニコラス丹下の使用人で「東帝大学病院」の新事務長に就任する鮫島有(さめじま・ゆう)。その生い立ちや私生活は謎に包まれたミステリアスな男だが、病院の金庫番・広報マン・危機管理担当の役割を担い、丹下の右腕として重用されている。丹下とともに過ごしていた山奥で命に関わる大事故に遭うが、未知子の素早い判断により一命を取り留めることに。

清水ミチコは、権威や権力を何よりも重んじる内科医・浜地真理(はまち・まり)役に。海外からやってきた次世代がんゲノム・腫瘍内科部長として、高額な薬を使った内科治療を患者に勧めるビジネス営業マンのような内科医を演じる。

そして同じく海外からやってきた外科医・村崎公彦(むらさき・きみひこ)を演じるのは、オリエンタルラジオの藤森慎吾。「医療はビジネス」と割り切り、AIがはじき出す情報に重きを置く次世代型の外科医だ。

また、「東帝大学病院」の若き外科医・多古幸平(たこ・こうへい)には戸塚純貴が扮する。頭が良く優秀な医師だが、働き方改革を遵守し、定時にはしっかりと帰るという今どきの若者的な要素も大いに持ち合わせている。

続々参戦する新キャストとともに、どんなストーリーが繰り広げられていくのか? 最新作も見逃せない。

◆大門未知子役・米倉涼子 コメント

『ドクターX』はレギュラーキャストもたくさんいる分、お互いに頼り合っている部分も多いのですが、新キャストの方々もいらっしゃるので、私たちもちゃんとしないと、って思っています。新しく入る皆さんが緊張されている感じも伝わってきますし、その気持ちもすごくよくわかるので…。

市村正親さんは、今回ポルトガル語のセリフを覚えなくてはいけないので大変そうです。でもそれを違和感なくできてしまうのは、市村さんのすごいところですよね! 私も実はポルトガル語のセリフがあるのですが、いくらやっても覚えられなくて、正直医療用語よりキツいかも…!

医局でのシーンなどは医療用語の応酬。いくら練習しても間違えるときは間違えちゃうし、「よし、絶対大丈夫!」ということはないんですよね…。一人のときにはできていたセリフも、人の前に立つと出てこなくなってしまったり…。新キャストの皆さんともそれが早速共有できているような気がします(笑)。そうやって皆さんと、この新しいシリーズを作っていくのがとても楽しみです。

※番組情報:テレビ朝日開局60周年記念『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』
2019年10月17日(木)スタート!【毎週木曜】午後9:00〜午後9:54放送(初回15分拡大)

関連記事(外部サイト)