品川祐、“相方の妻”ミキティーの前で授業!映画『タイタニック』から教訓を伝授

9月16日(月)放送の『しくじり先生』では、新機軸の授業を展開。お笑いコンビ・品川庄司の品川祐が「名作映画からしくじらないための教訓を学ぼう」と題した講義を行う。

©テレビ朝日

芸人だけでなく映画監督としての顔も持つ品川。映画作品から“しくじらないための教訓”をひも解いていくが、今回題材に選んだのは、1997年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の大ヒット映画『タイタニック』。

1912年に起きたイギリス客船・タイタニック号沈没事故をもとに、貧しい青年・ジャック(レオナルド・ディカプリオ)と上流階級の娘・ローズ(ケイト・ウィンスレット)の悲恋を描いた名作だ。

◆あの嫌われキャラに注目!

品川は、数多くの登場人物の中から、ローズの婚約者でアメリカの“鉄鋼王”の御曹司であるキャルドン・ホックリー(ビリー・ゼイン)に注目。

『タイタニック』はジャックとローズのロマンチックな恋愛を描いた映画だが、品川は、キャルドンの立場から見れば「婚約者のローズを豪華客船に乗せたら、年下のチャラ男・ジャックに寝取られちゃった物語」にほかならないと分析。

しかも、そんな悲劇に見舞われた上に、観客から“嫌われ者”として毛嫌いされてしまったキャルドンのことを「めちゃくちゃしくじっている」と力説する。

©テレビ朝日

品川はまた、そんな“しくじりキャラクター”キャルドンの目線から、改めて『タイタニック』という物語を見直し、“もうひとつのタイタニック”ともいうべきストーリーの存在を浮き彫りにしていく。

嫌われ者にシンパシーを感じてしまう品川が、キャルドンの行動から導き出した人生をしくじらないための教訓とは? そして、映画の中でキャルドンがやらかしてしまっている“3つのNG行動”とは?

今回、生徒の中には相方・庄司智春の妻、藤本美貴の姿も! 相方の家族の前で、品川は映画通らしく、見事な講義を行うことができるのか?

©テレビ朝日

また、地上波放送直後、深夜0時50分からお送りする「Abemaビデオ」では、品川祐先生の授業の“完全版”をオンエア。

さらに、大好評オリジナル企画「お笑い研究部」も登場。前週に引き続き、「若手芸人がバラエティー番組で爪痕を残す、を考える」をテーマに、ネクストブレーク必至のコンビ、宮下草薙がドッキリ番組のリアクションを学ぶ。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!』品川祐先生「名作映画からしくじらないための教訓を学ぼう」
2019年9月16日(月)深夜0:20〜深夜0:50、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、深夜0:50から「Abemaビデオ」

関連記事(外部サイト)