山里亮太&蒼井優の結婚会見で司会をしたGAG宮戸、大好きな『ザ・タイムショック』へ

1969年の初放送から数えて50周年の記念大会として9月25日(水)に放送される『ザ・タイムショック』

番組史上初の3連覇を狙うカズレーザーだが、注目の1回戦「2人同時エンドレスタイムショック」で対戦相手に選ばれたのは、初登場の宮戸洋行

©テレビ朝日

お笑いトリオGAGのメンバーで、先日、山里亮太と蒼井優の結婚発表会見で司会を担当し絶妙なツッコミを入れていたあの人物だ。

実力未知数のルーキー宮戸。2連覇中のカズレーザーにとっては楽な相手と思いきや、実はカズレーザーのクイズ研究会にも名を連ね、今回約200名が参加したテスト・オーディションを勝ち抜いて出場権を手に入れた“隠れた令和のクイズ王候補”なのだ。

カズレーザーをして「当たりたくない相手だった」と言わしめた宮戸とは、どんな男なのか?

大阪府出身の宮戸は、神戸大学経済学部を中退。「元々『タイムショック』は大好きな番組だったので、お話をいただきすぐに飛びつきました」とオーディションを受けたきっかけを話す。

これまでは、「クイズ番組を見たり、クイズ系YouTuberの方々の動画を見たりするだけ」だった勉強も、今回の出演が決まり「中学生のドリルなどを久しぶりにやってみました」と準備をしてきたとのこと。

それでも初めての『タイムショック』にはかなりの戸惑いがあり、「答える席が高いことは想定してましたが、想定より高かったです。あとヘッドホンをしたら自分の声すら聞こえなくなるので、ちゃんと声が出ているのか、口をパクパクしてるだけになってないか、とすごく不安になりました」と初々しい感想も。

そんな宮戸が、カズレーザーを倒す番狂わせを見せるのか?

◆宮戸洋行(GAG)コメント

©テレビ朝日

「テレビで見るのとは全然違いました!あんな状況なのに平常心で答えている歴代の優勝者の方が信じられません!それでも中山秀征さんの『ターイムショック!』を生で見ることが出来てうれしかったです。

『タイムショック』は中山さんが司会をされた頃からずっと見ていました。もしタイムマシンがあるなら、子供の頃にテレビを見ながら『なんでこんな問題もわからんねん!』と言っていた自分をどつきに行きたいです。

1回戦でカズレーザーさんと戦うことになったのですが、横に座られた時は元々体格のいい方が普段の1.5倍ぐらい大きく見えました。上に上がっても顔色一つ変えないカズさんを見て『あっ…僕、負けるな…』と思いました。

僕とカズレーザーさんの対戦以外にも、1回戦では宮崎美子さん×三浦奈保子さんという戦いが実現します。そんな初戦から優勝決定戦まで、今回は全部が見どころではないでしょうか。

“芸人でクイズが強いのはカズレーザーさん”というのは、もう皆さん見飽きていると思うので、僕がカズレーザーさんを倒して新芸人クイズ王にな………、いえ、とりあえずはまた呼んでいただけるように頑張ります!」

 

※番組情報:『ザ・タイムショック』祝50周年 令和最初の最強クイズ王決定戦
2019年9月25日(水)よる7:00〜9:48、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)