和田アキ子、赤っ恥!「うちのバンドだったら使わない」と言ったサックス奏者が…

10月8日(火)、芸能人たちが一流のプライドとメンツを懸けて“一流の音”を聴き分ける6つのチェックに挑む番組『芸能人格付けチェック MUSIC 〜秋の3時間スペシャル〜』が放送される。

©ABCテレビ

「昔この番組でプロと音大生と素人のサックス演奏を聴き比べたとき、イヤらしい吹き方をするサックス奏者がいて、うちのバンドだったら使わないと言ったら、その人がうちのバンドメンバーだった(笑)」という赤っ恥エピソードを披露するのは、芸能生活51年目の和田アキ子

「ホリプロを背負ってますから頑張らないといけないんです!」と語る榊原郁恵と「チームホリプロ」として参戦する。

「父親がギタリスト、母親が長唄の師匠で両親が音楽家」という立川志らくは、「歌舞伎の顔は音楽。耳がよくないとやっていけない商売ですから」と話す市川右團次と「チーム浜田の同級生」という異色のチーム名で登場。

そして、浜田から「何で来たの!?」と失礼な紹介をされるのは、2回連続で“映す価値なし”として消えている「チームトリビア」。

「2回連続映す価値なしなのに、また一流芸能人として出演するのは、この半年で我々が一番努力してきたからですよ!」と鼻息が荒い八嶋智人、「ボクは高校のとき、ロン毛でフォークギターを弾いてましたから」と意外な過去を語る高橋克実も、「今回は消えません!」と宣言する。

さらに、「Sexy Zoneは9年目ですが、ずっと音と仲良くしてきたんです。どっちが音がいいとか悪いとかは気にせず、音を楽しみたい」と話すのはSexyZone・中島健人。「小さいときドイツに住んでいて、ベルリン・フィルとか聴いていたので自信はあります」とアピールするマリウス葉と、ジャニーズ事務所を背負って参戦する。

一方、「2歳からピアノをやってます。お笑い芸人やってなかったら指揮者になりたかったんです。吉本のGacktと呼んでください(笑)」と語るのは、霜降り明星の粗品。相方のせいやとともに、「浜田さんの圧力をバンバン感じてます」というチョコレートプラネットと「チーム旬のお笑い芸人」を組んで登場する。

今回、Sexy Zone中島が「もう感動が全然違いました。数千倍心に響いた。セクシーな音はこっちです」と自信たっぷりに一流バイオリンの音色を当てる「チェック1」や、尺八・琴・十七弦など6種類の和楽器が演奏する米津玄師の『Lemon』を聴き、どちらが最高級和楽器のセッションかを当てる「チェック5」などに挑む。

また今回、視聴者もスマートフォンで格付けチェックに挑戦することが可能に。番組の笑い・驚き・ドキドキを体験できるだけでなく、自分が“何流”なのかチェックすることもできる。

※番組情報:『芸能人格付けチェック MUSIC 〜秋の3時間スペシャル〜』
2019年10月8日(火)午後7:00〜午後9:48、ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット

関連記事(外部サイト)