“歌怪獣”の愛称でブレイクの島津亜矢、目指すは女・北島三郎!徹子も仰天の歌声

10月9日(水)の『徹子の部屋』には、「歌怪獣」の愛称で大ブレイクした演歌歌手・島津亜矢が初登場する。

©テレビ朝日

熊本出身、子どもの頃から歌が大好きで“のど自慢あらし”をしていた島津。北島三郎に憧れ、今も「女・北島三郎」を目指しているという。

そんな島津は冒頭から熱唱し、パワフルな歌声に黒柳徹子は仰天する。

©テレビ朝日

歌手デビューを目指し14歳で単身上京するが、ホームシックで涙の日々を送った。その後、母も上京したので、熊本と東京で家族が離れ離れの生活に…。

一番のファンであった祖母は、今年4月に96歳で亡くなった。最後までコンサートに来て応援してくれた祖母を思うと涙があふれるという。

さらに、デビューから33年、二人三脚で歩んできた母からのサプライズの手紙も紹介される。

※番組情報:『徹子の部屋』
2019年10月9日(水)正午〜午後0:30、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)