壮絶な幼少期を過ごしたアンミカ。彼女だからこそ出来るアンジェリーナ・ジョリー分析

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

10月14日(月)放送の同番組では、アンミカが2度目の登場!

©テレビ朝日

前回の登壇時は「スパイに騙されてお金を奪われちゃった」という自身の過去を激白したアンミカだが、今回はあるハリウッドスターにスポットを当て、その波乱万丈の人生から教訓を学ぼうという新機軸の授業を展開する。

◆アンミカ先生が考える、人気者・アンジーの心の“闇”

今回アンミカが教材に選んだのは、ハリウッドのトップ女優、アンジェリーナ・ジョリー。

1975年6月生まれ、現在44歳のアンジェリーナ・ジョリーは、『60セカンズ』『トゥームレイダー』シリーズ、『マレフィセント』など数々のヒット作に出演。アカデミー賞助演女優賞、ゴールデングローブ賞助演女優賞などにも輝き、“アンジー”の愛称でも親しまれている。

アンジェリーナ・ジョリーの大ファンだというアンミカは、彼女の半生を綴った本や過去のインタビューを熟読。その結果、波乱万丈の彼女の人生にはたくさん学ぶことがある、と気づいたという。

アンジェリーナ・ジョリーは、一見華やかな世界を歩んでいるように見えて、実は“常に人生に絶望していた”のではないかとアンミカは考えているそうだ。

◆壮絶な幼少期を送ったアンミカだからこそ伝授できること

©テレビ朝日

アンジェリーナ・ジョリーは、母親からのネグレクト(育児放棄)や大好きな祖父の死という子供時代の経験から絶望を引きずりはじめた、と分析しているアンミカ。

実はアンミカ自身も、幼少期は貧困に苦しんだり、実家が火災に見舞われたりと不幸の連続だったことを告白。そんな自分だからこそ彼女の苦しみと希望を分析できるのだと力説する。

アンジェリーナ・ジョリーが絶望のあまり、自分で殺し屋を雇い、自分自身を殺害するよう依頼したことがあるという衝撃エピソードも明らかに…!

授業では、アンジェリーナ・ジョリーの波乱に満ちた半生をひも解きながら、絶望に直面したとき、人はどうやってその苦しみを乗り越えたらよいのか――“絶望の中で光を見つけるための方法”を伝授。

アンジーの壮絶な半生を通じて、アンミカ先生が伝えたいこととは?

さらに今回、スタッフがアンジェリーナ・ジョリー本人へのインタビューに成功! はたしてアンジーは、『しくじり先生』に何を語ってくれるのか?

©テレビ朝日

また地上波放送直後、深夜0時45分からお送りする「Abemaビデオ」では、アンミカ先生の授業の“完全版”をオンエア。

さらに、大好評オリジナル企画『お笑い研究部』も。今回は、大好評企画「若手芸人がバラエティー番組で爪痕を残す、を考える」で現在猛特訓中の“箱の中身はなんだろな”にアルコ&ピースが挑戦する。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!』アンミカ先生
2019年10月14日(月)深夜0:15〜深夜0:45、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、深夜0:45から「Abemaビデオ」

関連記事(外部サイト)