母は号泣、16歳で親元離れ…フィリピン初の体操メダリストと日本人コーチの固い絆。

10月4日(金)に開幕した「世界体操」。来年2020年に控えた東京オリンピックのメダルを占う最後の頂上決戦だ。

大会9日目を迎える今日10月12日(土)は男子種目別決勝が行われるが、ゆかの決勝に出場する選手のひとり、フィリピン代表のカルロス・ユーロ(19歳)に注目したい。

©テレビ朝日

2018年「世界体操」では銅メダルを獲得し、フィリピン勢で初となるメダル獲得の快挙を達成したカルロス・ユーロ。今大会も新星として注目を集めているが、ここに至るまでには苦難の道のりがあった――。

◆来日打診も母は反対。最後は泣きながら…

ユーロが母国・フィリピンで体操を始めた当時、男子の体操選手という存在は珍しく、練習環境も過酷なものだった。

競技をするために必要な器具が揃っていないだけでなく、ゆかも整備されていない。さらに冷房すらないような体育館で日々練習に励んでいたという。

育った家庭も裕福とはいえず、厳しい環境に身を置いていた最中の2013年。ユーロは、マニラで行われたフィリピン代表チームの合宿を指導していた日本人コーチ・釘宮宗大(くぎみや・むねひろ)氏と出会った。

釘宮コーチは、ユーロの体操の能力以上に、練習に取り組む“姿勢”に大きな可能性を感じたという。

「(他の選手よりは)確かに足が強かったんですけど、練習ができたことが一番ですかね。コンスタントに練習ができているなという印象でした。ある程度能力がある子はすぐにできてしまうので、なかなか1つのことにずっと取り組むことができない場合が多いのですが、ユーロの場合はそれができているなと感じました」(釘宮コーチ)

ユーロにはチャンスがある――そう感じた釘宮コーチは、来日して自分のもとで練習をしないかと打診した。

ユーロ本人に迷いがなかった一方で、母親は2週間ほど日本行きを反対。しかし、最終的には泣きながら「お願いします」と頼まれたという。

「困ったときは俺がいるから大丈夫ですっていう話をしたときに、(ユーロの母親が)泣いて、泣いて…。すごく責任を感じて怖かったですが、(体操の)指導者でありながら、(ユーロを)人として育てないといけないと思いました」(釘宮コーチ)

◆このままでは壊れる――コーチが下した苦渋の決断

こうして2016年、釘宮コーチとの日本での共同生活がスタートしたのだが、最初は知り合いもほとんどおらず、引きこもりがちだったという。

ユーロは、「(日本での生活は)ハードでした。学校に行っても、最初は言葉が分からず座っているだけでした」と振り返る。

そして、来日して1年弱、2016年12月頃。ホームシックに加え、その悩みを誰にも打ち明けられず、明らかに練習に身が入らなくなっていた。

「全く集中していないというか、体育館に来ても練習せずに、ずっとぼけーっとしている。ホームシックもあったと思いますし、しんどくて泣いていても周りに相談できる相手もいない。体操しかないという状況は結構きつかったのではないかと思います」(釘宮コーチ)

このままではユーロが壊れてしまう――これ以上日本での練習を続けることは彼のためにならないと、釘宮コーチは“ある決断”をする。

「あの子が壊れてしまうようなことは絶対にしてはいけないと思い、連れて帰ってあげたほうがいいなと、(フィリピン行きの)航空券のチケットを買ってあげました」(釘宮コーチ)

本人も帰国の意思は固く、帰る直前、最後に2人でラーメンを食べることになったのだが、そこでユーロから思わぬ発言が飛び出した。

「やっぱり、やる」

このまま終わりたくない――ユーロは再び、コーチと共に戦うことを決めた。

◆二人三脚で掴んだメダル

その後、ユーロは別人のように練習に打ち込み始めた。以前だったら技が出来ない時に逃げ出すこともあったが、体操に真摯に向き合うようになった。

「気分が乗らないということは選手なら当たり前にあるのですが、そのときに辞めるという判断に至らなくなりました。自分で葛藤するようになったので、練習中に考える時間が多くなりましたね」(釘宮コーチ)

そうして迎えた昨年2018年の「世界体操」。ユーロは、種目別ゆかの決勝で見事銅メダルを獲得する。

二人三脚で掴んだメダルを釘宮コーチの首にかけ、これまでの感謝の気持ちを表現した。

「いつも毎日僕と一緒にいてくれて、まるで父親のようです。僕のために全力を尽くしてくれて感謝してます」(ユーロ)

国際大会でも結果を出すようになり、賞金でフィリピンの実家を改築するなど家族の生活も助けられるようになったが、選手として目指すはまだまだ先。2020年東京五輪での表彰台だ。

悲願のメダルに向けて――ユーロと釘宮コーチの二人三脚物語は続いていく。

※番組情報:『世界体操』
男女種目別決勝 10月12日(土)よる11:30〜深夜03:00、テレビ朝日系24局
男女種目別決勝 第2日 10月13日(日)深夜0:05〜深夜03:00、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)