『おっさんずラブ-in the sky-』最新ショット到着!田中圭、航空会社のプロを前にアナウンス初挑戦

11月2日(土)にスタートするドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』

新シーズンとなる今作は“空”が舞台、航空会社『Peach』の協力を得て撮影を行っている。今回、Peachのお膝元・関西国際空港で行われたロケの最新ショットと撮影裏話が届いた。

©テレビ朝日

©テレビ朝日

35歳にして『天空ピーチエアライン』の新人CAの道を歩み始めた主人公・春田創一を演じる田中圭は、飛行機に乗り込み、機内販売やアナウンスをするイメージカットの撮影に臨んだ。

その際、乗客の役としてエキストラ参加したのは、CAやパイロット、整備士など、実際にPeachで働く社員の皆さん。シートにズラリと着席した“プロ”の皆さんから、田中がマイクの持ち方のアドバイスを受けるなど、終始笑顔あふれる撮影となった。

©テレビ朝日

©テレビ朝日

©テレビ朝日

©テレビ朝日

“グレートキャプテン”と呼ばれる優秀なパイロット・黒澤武蔵を熱演する吉田鋼太郎は、コックピット内での撮影に挑戦。

さらに、飛行機がズラリと並び、誘導路の灯火がロマンチックに光り輝く美しい夜の空港で春田に告白するシーンでは、夜遅い時間にも関わらず、テンションMAXで思いを打ち明けた。

©テレビ朝日

副操縦士・成瀬竜役の千葉雄大は、コックピット内での撮影に臨んだ。普段は決して入ることのできないコックピットに千葉はすっかりハイテンション。

©テレビ朝日

©テレビ朝日

無愛想でドライというめんどくさい性格の成瀬を演じているため、劇中ではクールな表情を見せることの多い千葉だが、待ち時間は別。自分の出演シーンがない時も駐機場に残り、目をキラキラさせて飛行機を眺めていた。

©テレビ朝日

一方、飛行機のエンジンのなかをのぞき込むという貴重な体験をしたのは整備士・四宮要を演じる戸次重幸。「こんな経験できないよね!」と大興奮していた。

ここでもPeachの整備士にアドバイスをもらいつつ、エキストラ出演もしていただき、リアルな映像を撮影。1日に凝縮した関西国際空港での撮影だったが、スケール感は大幅にアップ。夜には、大阪名物の豚まんに舌鼓を打ちながら、キャスト・スタッフの団結力で、無事に撮影は終了した。

※番組情報:土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』
2019年11月2日(土)スタート!【毎週土曜】午後11:15〜0:05、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)