オードリー若林、苦言!取材先での番組スタッフの“無礼”に「あの聞き方は良くない」

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

©テレビ朝日

11月9日(土)の放送ではゲストに足立梨花と武田真治を迎え、「ゴルフ未経験、ど素人の父の指導で世界チャンピオンになった天才ゴルフ少女」を紹介する。

◆天才ゴルフ少女を生んだ、“星一徹より厳しい”父

©テレビ朝日

現在小学2年生の弥勒(ミロク)ちゃんは最高スコア78、トップゴルファーの登竜門・IMGA世界ジュニアゴルフ選手権6歳以下の部で2連覇を果たした天才少女。

しかしコーチの父・憲一さんはゴルフ未経験のど素人東大卒の超頭脳派で猪突猛進タイプの憲一さんは、1000冊の本を読みゼロからゴルフを独学で学んだ

まずはミロクちゃんの兄にスパルタ指導をするも、早々にリタイア。しかしその練習によちよち歩きのミロクちゃんは興味津々。試しにボールを打たせたら、とんでもない才能を発揮した!

©テレビ朝日

自宅近くの660坪の土地を買い取り天然芝の練習場まで作った憲一さん。独自に編み出した練習法のおかげもあり、めきめきと頭角を現したミロクちゃんは大会でも好成績を残す。

だが、父の鬼コーチぶりは増していく一方。その厳しさは『巨人の星』の星一徹を見たミロクちゃんが「このお父さん甘いよね」というほど。それを聞いたオードリー若林正恭は「え!?星一徹はショックだろうね…」と驚きながらも、父の言葉に耳を傾けながら練習に打ち込むミロクちゃんに感心していた。

また、その様子を密着取材していたスタッフはあまりのスゴさ「これ、マジでやってるんですか?」と“テレビ向けの演出”ではないことを憲一さんに確認。もちろん普段通り真剣に練習に打ち込んでいたため、憲一さんは「ウチはマジですよ。邪魔するなら帰っていいですよ」とスタッフに一言ピシャリ。

そのやり取りを見ていたオードリー若林は「あの聞き方は良くないな!」とスタッフに苦言を呈し、弘中綾香アナウンサーもスタジオの憲一さんに「ほんと失礼。すみません…」とフォローしていた

©テレビ朝日

スポコン漫画顔負けのスパルタにもめげず猛練習するミロクちゃんは、5歳にしてIMGA世界ジュニアゴルフ選手権の日本大会に参加。家族の誰もが優勝を信じていたが、まさかの世界大会出場権獲得を逃してしまう。

しかしその年、ある方法で世界大会に出場する権利を得て、見事に優勝を果たしたミロクちゃん。その経緯も明らかになる。

※番組情報:『激レアさんを連れてきた。』
2019年11月9日(土)午後10:10〜午後11:10、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

関連記事(外部サイト)