爆笑問題・太田、松本まりかにメロメロ!神田松之丞も「イチローさんみたい」と感心

爆笑問題・太田光と講談師の神田松之丞が毒舌合戦を繰り広げてきた深夜の大好評企画『太田松之丞』が、12月13日(金)、満を持して23時台に初進出。スペシャル版となる今回は、女優・松本まりかが“相談ゲスト”としてスタジオに登場する。

進行役は、“好きな女性アナウンサーランキング1位”に輝き、太田いわく「いま日本一調子に乗っているアナウンサー」という弘中綾香アナだ。

©テレビ朝日

12月5日に放送された『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第8話で“失敗しないプリンセス”とよばれる美人外科医役を演じ、その圧倒的な存在感にSNS上で絶賛コメントが相次いだことも記憶に新しい松本まりか。

今回、「本音で生きることって怖くないですか?」という内容の相談を2人に投げかけるが、いつしか話題は恋愛のことへ。

「恋愛の経験は豊富なの?ズバリ何人ぐらい?」など太田から失礼な質問を浴びせられ、松本は「豊富ではないです」と苦笑しながらも、「お行儀のよい人は、それはそれでつまらないかな」と話し、“魔性の女優”の片鱗をのぞかせる。

©テレビ朝日

さらに、松本の知られざる“下積み時代”のエピソードも。

10代の頃、松本は「大ブレーク間違いなし」と言われていたにもかかわらず、自身はまったく売れず、むしろまわりの友人たちがどんどんと売れっ子になり、嫉妬心にさいなまれたという。

当時を振り返り、「あるとき、嫉妬心を手放そうと思ったんです。そうしないと顔が醜くなってしまうと思って…。生きるためにうらやむことをすっぱりやめたんです」と、自ら内面を切り替えたと話す松本。

当時のことを「長い時間をかけて人生の退屈というものを味わった」と語る松本に、太田は「名言がすごく出るね。ほかの女優さんと言葉が違う」と感心。松之丞も「なんだかイチローさんみたいなところがありますね」と絶賛する。

さらに、「浮気はしないんです。(ぜんぶ)本気なんです」という松本の発言に、太田は「そうかぁーー!なるほどー」と絶叫し、もはやメロメロ状態。

弘中アナが「あんなにきちんとゲストのお話を聞く2人は初めて」と驚き、モニタリング室でトークを見ていた爆笑問題・田中裕二も「あいつら完全にやられてたな」と苦笑いを浮かべるほど、太田・松之丞はすっかり松本に魅せられていたようだ。

※番組情報:『太田松之丞』今年話題の女優が来たよスペシャル
2019年12月13日(金)午後11:15 〜 深夜0:15、テレビ朝日系

関連記事(外部サイト)