『警視庁・捜査一課長』新春3日に臨場!内藤剛志×伊藤歩、10年越しの縁で初共演

ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの奮闘を描き、大好評を博してきた人気シリーズ『警視庁・捜査一課長』

その最新スペシャルが2020年1月3日(金)に放送されることが決定した。

©テレビ朝日

1月3日(金)放送の最新スペシャルは、“自殺ではないと言い張る遺体”が見つかった、という奇妙な知らせが大岩にもたらされるシーンからはじまる。

殺されたのは、8年前に強盗殺人事件で誤認逮捕された過去を持つ元外食チェーン社長・片倉義彦(長谷川朝晴)。被害者は廃ビルの屋上から転落死したようだが、遺体のそばに落ちていたスマートフォンに「自殺ではない。殺された」と書き残されていたのだ。

まもなく事件直後、元捜査一課刑事の“ジンジャー”こと陣内綾(伊藤歩)が現場にいた事実が判明。実は、綾は片倉を誤認逮捕した張本人。はたして、片倉の死と元刑事・綾の関係は?

©テレビ朝日

正月スペシャルで大岩の右腕を務める元刑事・陣内綾を演じるのは、伊藤歩。

内藤と伊藤は今回が初共演だが、「2009年、私が出演した舞台を見に来てくださり、おいしいひつまぶし弁当をいただいた記憶があって、とても“いい人だな”という印象でした」(伊藤)と、実は10年ほど前、内藤の差し入れから“縁”がはじまっていたという。

内藤もまた、「もともと彼女が出演した映画を見てスゴイ女優がいるなと思っていたのですが、実際共演したらとても安定感のある女優さんで、難しい役なのに確実に演じてくださった」と大絶賛。念願の初共演を大いに喜んだ。

©テレビ朝日

そしてまた、捜査一課長として新春の夜に“臨場”する主演・内藤剛志は、「2019年は『警視庁・捜査一課長』のスペシャルを何本かやらせてもらい、本来、自分たちが何をやりたかったのかを思い出すことができた年になりました」と充実した2019年を振り返る。

続けて、正月スペシャルには「“仲間はいいぞ”という大岩のセリフがあるのですが、それがすべて」と2020年へのメッセージを込めたことを告白。

「もちろんミステリーなので謎解きを楽しんでいただきたいですが、仲間っていいものだなと思ってもらえたら。そして“2020年もみんなで頑張っていこう!”と、いい新年のスタートを切るお手伝いができればうれしいです」と熱く期待を語った。

※番組情報:『警視庁・捜査一課長』正月スペシャル
2020年1月3日(金)午後9:00〜放送、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)