遠藤保仁、東京五輪世代で注目の2選手は「食野亮太郎と橋岡大樹」

東京オリンピックの開催を控え、スポーツへの関心が高まる2020年。

そんな今年のサッカー界の行方を占う国際大会「東京五輪アジア地区最終予選 AFC U-23選手権」が、タイで1月8日(水)に開幕する。

同大会は、2年に1度開催される23歳以下の選手たちによるアジアNo.1決定戦。今回は東京オリンピックのアジア最終予選も兼ねており、開催国の日本を除く上位3カ国に出場権が与えられる(日本が3位までに入った場合は、4位に出場権が与えられる)。

グループステージではA〜Dの4つのグループにわかれて総当たり戦を行ない、各組上位2か国がノックアウトステージに進出。東京五輪世代となるU-23のメンバーで挑む日本は、まずグループステージでカタール、サウジアラビア、シリアと熱戦を繰り広げる。

フル代表も兼務する森保監督率いるU-23日本代表は「東京五輪で金メダル!」を目標に掲げている。この「東京五輪アジア地区最終予選 AFC U-23選手権」は、東京五輪前唯一の公式戦であり、目標達成に向けてアジアNo.1の座は譲れない。前回、リオ五輪最終予選を兼ねた2016年大会では大激戦を勝ち抜き、決勝で宿敵・韓国との死闘を制してアジア王者に輝いた。東京五輪メダル獲得の行方を占う大事な大会、日本の東京世代に期待がかかる。

©テレビ朝日

そこで、1月9日(木)に行われる日本VSサウジアラビア戦を前に、世代別やフル代表として世界の舞台で幾多の激闘を経験した中村俊輔と遠藤保仁にインタビューを実施。後編では遠藤保仁に、本大会に出場するU-23日本代表で注目している選手などについて聞いた。

◆遠藤「オリンピック代表は難しい年代」

©テレビ朝日

「東京五輪アジア地区最終予選 AFC U-23選手権」は、東京五輪に挑む日本代表を選考する上で重要な大会。選手たちはチームのためのプレーを求められる一方で、オリンピック代表の18枠のなかに滑り込むために個人のアピールをする必要もある。遠藤は、自身の経験を振り返りながら世代別代表独特の“難しさ”について語ってくれた。

遠藤「僕のときはアンダーの代表は、まだ少し子どもっぽさが残っていたのを覚えています。オリンピック代表は難しい年代だと思いますよ。自分をアピールして代表で生き残りたいという気持ちと、チームのために戦わなければならないという2つの気持ちの間でプレーしないといけない。

アンダーの代表ではありますが、日本代表であることに違いはない。日本を代表して戦える喜びを感じながら、自分をアピールして欲しいですね。もちろん、個人のアピールが最優先ではなく、チームのために戦ったうえで自分自身の良い部分を表現するということが必要になると思いますが」

遠藤は、小野伸二、稲本潤一、高原直泰らとともに99年のFIFAワールドユースで準優勝を果たした「黄金世代」の一員。しかし、翌年の00年のシドニーオリンピックではバックアップメンバーとして大会に帯同するが出場機会は得られず悔しい思いを経験。そんな彼に「今思うと、当時こうしておけば良かったなと感じることはありますか?」と質問してみた。

遠藤「当時は、自分なりのベストパフォーマンスは出せていたと思っています。ただ周りの選手が強力なメンバーだったので。すごい数の試合に出場できたかというと、そうではない。でも、当時の自分なりにベストは尽くしていました。だから後悔はしていません」

写真:山田真市/アフロ (1999年9月7日 日本×韓国 シドニー五輪アジア予選)

この悔しい経験を糧にし、日本代表として通算152試合に出場した遠藤。日本代表で歴代1位のキャップ数を誇る彼に、今回の「東京五輪アジア地区最終予選 AFC U-23選手権」に挑むU-23日本代表や東京五輪世代で注目の選手を尋ねると、ある選手の名前を挙げた。

遠藤「(堂安)律は、誰もが名前を挙げると思うのでやめておきます(笑)。

となると、(食野)亮太郎かな。約2年間、ガンバ大阪で一緒にプレーしていましたが、すごいガツガツ前に行くのが印象的でした。それに、負けん気が強くて向上心もある。あと、シュートも上手いんですよ。

もうひとり、対戦して印象に残っているのは橋岡大樹選手(浦和レッズ)ですね」

遠藤が名前を挙げた食野亮太郎は、スコットランド・プレミアリーグのハート・オブ・ミドロシアンFC(ハーツ)でプレーするスピード豊かなドリブラー。今大会では「日本の10番」を背負う。

橋岡は、スピードと豊富な運動量を武器にウイングバックとして攻守両面で活躍するプレーヤー。浦和レッズでは あの槙野智章から可愛がられ、槙野同様に明るい性格でチームのムードメーカーでもある。従兄弟の橋岡優輝は、陸上・走り幅跳びアジアチャンピオンで東京五輪候補。

©テレビ朝日

そして最後に、東京五輪世代の選手たちへのアドバイスをお願いすると、何事にも慌てず動じない遠藤らしさが感じられる答えが返ってきた。

遠藤「周囲のプレッシャーをあまり気にせず、普段どおりにプレーすることじゃないですかね。東京五輪では、ホスト国(開催国)としてのプレッシャーもありますが、同時にホームのアドバンテージもあるので。

どうしてもプレッシャーを感じることが多いと思いますが、いかに平常心で臨めるかが大事。特に若いときは相手にリードされると、焦ってプレーが雑になることもあるので、そうならないように気をつけながら試合に臨んでもらえたらなと思います」

※番組情報:『東京五輪アジア地区最終予選 AFC U-23選手権』(テレビ朝日系24局で放送)
日本×サウジアラビア 2020年1月9日(木)よる10時5分〜
日本×シリア 2020年1月12日(日)よる10時5分〜
日本×カタール 2020年1月15日(水)よる9時54分〜

※遠藤保仁選手、中村俊輔選手も参加した「キックスピードチャレンジ特別編」の模様も公開中!

※全試合ハイライトや日本代表情報は、こちら!

関連記事(外部サイト)