『徹子の部屋』45年目突入!番組限定トリオ出演で、松岡昌宏らが“僕の大事件を発表

45年目に突入した『徹子の部屋』。記念すべき本日2月3日(月)のゲストは、前週に引き続き『徹子の部屋』限定トリオ「松竹梅」。

松の松岡昌宏・竹の大竹まこと、梅の梅沢富美男の3人が、それぞれ好きな花を黒柳にプレゼントする。

©テレビ朝日

『徹子の部屋』が始まった45年前、当時3人が何をしていたか振り返ると、松岡は生まれていなかったとか。

そして平成から令和に変わった激動の1年、「松竹梅」の3人が“僕の大事件”を発表

大竹は20代の頃、同じ劇団で貧しさを分かち合っていたが行き違いから仲違いしていた風間杜夫と2人で『徹子の部屋』に出演。当時の思いを語り和解した嬉しい出来事を語る。

梅沢の事件は、次女が就職し初任給でスーツをプレゼントしてくれたこと。溺愛する娘の話をする梅沢は満面の笑みに。松岡は、人生初の大腸検査をしたときの驚愕の出来事を発表する。

結成6年目を迎え、結束力も強まった「松竹梅」。“終活”や“お金事情”なども語るが、梅沢の驚愕のお小遣いについても明かす。

※番組情報:『徹子の部屋?
2020年2月3日(月)正午〜午後0:30、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)