一茂&良純、“厚底シューズ”のスゴさを熱弁!「歩き回りながら番組進行したくなるよ」

華麗なる家庭で育ち言いたいことを遠慮なく口にしちゃう、石原良純・長嶋一茂・高嶋ちさ子の3人が、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる番組『ザワつく!金曜日』

2月7日(金)の同番組では、「ザワつく!世界の映像」で陸上競技大会でのハプニング映像を紹介した。

©テレビ朝日

VTRを見終えた良純が「走ると言えばさ…厚底!」と、いま世間をザワつかせているナイキ社の厚底ランニングシューズの話題を切り出す

良純が「あれ履いたんだけど、スゴいよ」と興奮気味に厚底ランニングシューズの感想を語ると、一茂も「俺も履いた!」とこの話題に乗っかる。

良純は、厚底ランニングシューズの革新性をテニスラケットの進化を例に解説。「昔、テニスラケットは木製だったけど、徐々に革新を経て今ではグラスファイバー製になっている」と説明。「厚底ランニングシューズは、テニスラケットが木からいきなりグラスファイバーになったぐらいの技術革新が起こっている」と、そのスゴさを熱弁。

一方、一茂はシューズの仕組みを解説。「ランニングやマラソンが嫌いな人も走りたくなると思う!」というと、ちさ子が「えぇ〜」と驚き、進行役のサバンナ・高橋茂雄は「そんなに〜」と興味津々な様子。

そんな高橋に「もしあのシューズを履いたら、歩き回りながら番組進行したくなるよ(笑)」と一茂節を炸裂させると、「そんなこと本番中にしていたら、つまみ出されるわ!」と高橋は一茂にツッコミを入れ、スタジオの笑いを誘った。

※番組情報:『ザワつく!金曜日』
毎週金曜日 よる7:00〜、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

関連記事(外部サイト)