「タイムカプセルに乗っている気分」タスマニア最古の船を修理する男たちの“海の隠れ家”。

世界各国の美しい港町や風景を伝える番組『港時間』。2月7日(金)に放送された同番組では、オーストラリア・タスマニア島を特集した。

©港時間/テレビ朝日

島の玄関口、ホバートにほど近い小さなマリーナ、プリンスオブウェールズベイマリーナ(Prince of Wales Bay Marina)。この場所に、男たちがひとり、またひとりと集まってきた。

彼らは、タスマニアに現存する最古のヨットを整備するために集まった男たち。

©港時間/テレビ朝日

1880年に製造されたヨットを、5年の歳月をかけて蘇らせてきた。メンバーのひとりであるピーター・ヒグ氏はこう語る。

ボートに乗らなくてもここに来るだけで楽しいです。男の社交場みたいな場所。みんなで仲間の船の世話をします。それができるだけで幸せなんです

その隣には、ピーターさんご自慢の船。ヒューオンパインという、タスマニアにしかない希少な木材で作られたヨットだ。

©港時間/テレビ朝日

香り高い樹脂は油分を多く含み、造船には最適。船内は、船というより高級な調度に囲まれたリビングルームのよう。

©港時間/テレビ朝日

その乗り心地は、ピーターさんいわく「タイムカプセルに乗ってクルーズしている気分」とのこと。

この場所は、海と船を愛する男たちの“海の隠れ家”だ。

なお、2月14日(金)放送の『港時間』では、世界最古のヨットレース「アメリカズカップ」の発祥の地として知られる、イギリスのワイト島を特集。世界でも有数の伝統あるヨットクラブを紹介する。

©港時間/テレビ朝日

※番組情報:『港時間』

毎週金曜深夜0時15分〜0時20分放送、テレビ朝日

(ABCでは毎週金曜夜11時10分〜夜11時17分放送、メ〜テレでは毎週日曜夕方4時25分〜4時30分放送)

関連記事(外部サイト)