ノブ、いつもより口が臭かった大悟の息を「死体が履いたスニーカー」と表現!

毎週月曜日の深夜、千鳥が今一番やりたい企画をお届けしているバラエティー番組『テレビ千鳥』。

3月2日(月)の同番組では、「駄菓子1つだけしか買わんのじゃ!!」なる企画が放送された。

©テレビ朝日

本当に食べたい1品を厳選することで、子どもの頃に感じた駄菓子の美味しさを再確認しようという今回の企画。

2人は昔ながらの雰囲気漂うレトロな商店を訪れ、店内に並んだ126種類の駄菓子の中から何を買うかを楽しんだ。

◆懐かしい駄菓子の数々。でも実は…

店内に入りノブがさっそく見つけたのは、大きなチョコ菓子。「これよりお得なのない!」と断言するノブに、大悟も「遠足の(お菓子の)300円の中でこれ買って来ないやついなかったもん」と同意する。

さらに、さまざまな有名駄菓子を手に取り昔話に花を咲かせていく2人。

そんななか、「子どもの頃に一番好きだった駄菓子」の話をしていると、意外な事実が発覚する。

人気のポテト系スナック菓子を話題に挙げたノブに、「あった?わしら子どものころ」と大悟は記憶にない様子…。

実は、大悟が生まれ育った島には駄菓子屋がなかったため、店にある駄菓子の多くに見覚えがなかったのだ。

さっきから『うわー懐かしい』って言ってたけど、実は半分しか知らん…」と寂しそうに告白する大悟。

©テレビ朝日

駄菓子と聞けば誰もが思い浮かべる定番の商品も大悟の島にはなかったそうで、「みんな『懐かしい』って言うけど知らんのよ、実は」と明かし、意外な“コンビ間格差”があらわになった。

◆大悟の口の臭いは…

そうして楽しく会話しながら1品を厳選していると、ノブが突然、大悟に対して「今日口臭いな」と言い出す。

本来であれば非常に失礼な一言だが、千鳥にとっては“口臭いネタ”は定番のくだりのひとつ。ノブが「店中が口臭い!」と言っても、大悟はなぜか嬉しそうに笑っている。

さらに大悟が、「1回(臭いを)確認してくれ」とお願いしノブに息を吹きかけると、ノブは天を仰ぎながら「くっさぁー!」とリアクション。

続けて、「死体が履いたスニーカーくらい(臭い)」とその衝撃度合いを例えていた。

©テレビ朝日

ちなみに大悟は、この後も“頭を使って”ノブに自らの口の臭いをかがせることに成功する。その驚きの方法とは?

そして、迷いに迷った末、2人が最後に選んだ駄菓子とは? 実食した大悟が口にした衝撃の一言にも注目だ。

※『テレビ千鳥』3月2日の放送は、テレ朝キャッチアップにて期間限定(2020年3月10日01:31まで)で無料配信中

番組情報:『テレビ千鳥
毎週月曜 深夜1:56〜、テレビ朝日系(※一部地域をのぞく)
次回3月9日(月)の放送は「こっそりデーモン選手権!!」

関連記事(外部サイト)