ミルクボーイが“3D”になって新ネタ披露!バーチャル空間内でeスポーツ観戦・交流できる「V-RAGE」がオープン

国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」。

その「RAGE」が、VR技術を活用し、eスポーツの観戦やイベント体験ができるVR施設「V-RAGE(ブイレイジ)」をオープンした。

「V-RAGE」は、RAGEが運営するeスポーツ大会の観戦やイベント参加体験ができる”eスポーツ専用VR施設”。これまでオフラインで開催してきたeスポーツ大会「RAGE」がバーチャル空間で開催されることになる。

RAGE総合プロデューサー大友真吾氏はオンラインで開催するRAGEへの意気込みを次のように語る。

「今後5Gの普及によって通信環境が大幅に整備され、様々な制約や条件が変化していく。その中で『V-RAGE』をeスポーツイベントの新たな形として取り組むことで、現実世界とバーチャル空間でのイベント連動によるファン・コミュニティの活性化や、VRならではの新たな観戦体験を実現していきたいです」

大会主催者によると、同大会ではまるでRAGEの本会場にいるかのような臨場感でeスポーツを観戦できるという。

また、会場内に花火があがるなどバーチャル空間ならではの演出も可能。普段RAGE会場に足を運ぶのが難しい人でも気軽に参加できそうだ。

さらに、「V-RAGE」のオープンを記念して、3月15日(日)には「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS」と連動したバーチャル空間ならではのイベントが開催される。

ユーザーは、スマホやPCから「V-RAGE」へアクセスし、eスポーツの観戦やイベント参加が可能となる。

◆コーンフレークを食べながらでも楽しめるオンラインRAGE

さらに今回、「V-RAGE」会場に限り、M-1グランプリ2019王者・ミルクボーイが3Dモデル化され、本大会用に作ったオリジナルネタを披露する。

オンラインでの観戦となるため、自宅でコーンフレークを食べながら大会を楽しむことも可能だ。

また、『Shadowverse』のゲーム実況で人気のストリーマー「もこう・つるおか(かものはし)」によるサブチャンネル・VR配信も決定。

3Dモデル化された、もこう・つるおか(かものはし)の2人が、お馴染みのサブチャンネルでどんなコンテンツを披露するのか。

ここでしか見れない、バーチャルもこう・バーチャルつるおか(かものはし)による、生実況もぜひチェックしておきたい。

※「RAGE Shadowverse 2020 Spring powered by SHARP」イベントサイトはこちら

関連記事(外部サイト)