フワちゃん、無名時代の“衝撃過去”!10回連続でバイトをクビ「愛読書はタウンワーク」

フワちゃんに10回連続でバイトをクビになった過去 「愛読書はタウンワーク」

記事まとめ

  • フワちゃんが10回連続バイトをクビになったおかげで大ブレイクできた人として登場する
  • さまざまな職に就いてはクビになり、「愛読書はタウンワーク」という状態だったという
  • そんなフワちゃんだが、バイト生活の最後で人生を変える運命の人に出会ったそう

フワちゃん、無名時代の“衝撃過去”!10回連続でバイトをクビ「愛読書はタウンワーク」

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

5月23日(土)の同番組では、大人気芸人・フワちゃんが“10回連続でバイトをクビになったおかげで 運命を変える人物に出会い、大ブレイクすることができた人”として登場する。

2019年、すい星のごとく現れ、半年でTV出演100本越え。YouTuberとしても大人気のフワちゃんは、もともとアルバイトをしながら芸人になることを目指していた。

しかし、さまざまな職に就いては仕事を放棄してクビになる、ということを繰り返し、本人曰く「愛読書はタウンワーク」という状態だった

バイトをクビになった理由は、つまみ食いやタメグチ接客、職務放棄など、ありえないものばかり。

そんなフワちゃんだが、バイト生活の最後で、人生を変える運命の人に出会う。その人物は、「芸人になりたい」という心意気に感心し、フワちゃんを雇ってくれたバイト先の店長。

フワちゃんが「恩返ししたい」と語るその“恩人”のインタビューも交え、大ブレイクをはたした芸人・フワちゃんの誕生秘話を明らかにしていく。

◆怠け者のバレー奮闘記

そしてこの日の放送では、“身長158cmのド素人だったのに 楽がしたくて廃部寸前の弱小バレー部に入ったら 日本代表のエースまで登りつめちゃった人”ことヤマモトさんも登場。

中学時代、「とにかくラクして生きたい」がモットーの“ナマケ☆モンスター”だったヤマモト少年。部員1人というバレーボール部に誘われ、学校生活をお気楽に過ごすはずだったが、つぎつぎに予想外の出来事に見舞われ、気が付けば中学最後の試合で大活躍。その結果、地元でも屈指のバレー名門高校の監督の目に留まることに。

思わぬ理由から部員が増員、ついには部活動に真剣に打ち込むまでになったヤマモト少年の、微笑ましくも熱いバレー奮闘記を紹介する。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2020年5月23日(土)午後10:10〜午後11:10、テレビ朝?系24局(※?部地域を除く)

関連記事(外部サイト)