松本幸四郎「僕だけを噛む」人生初の大型犬、3か月で3倍の大きさに

7月24日(金)の『徹子の部屋』には、松本幸四郎が登場する。

緊急事態宣言を受け、歌舞伎座も5か月間の休演を余儀なくされた。

この事態に幸四郎は、「もう舞台に立つことがなくなってしまうのではないか、なんとかしなくては…」という焦燥感にかられていた。

そこではじめたのが、役者たちが自ら発信するYouTube映像や、先ごろ話題になった『図夢(ずぅむ)歌舞伎』。

歌舞伎をライブ配信するという初の試みは、すべてが手探りだったが、歌舞伎鑑賞の新たな選択肢として今後も続けると意欲を燃やす

一方、プライベートでは3か月前に新たな家族を迎えた。息子の染五郎たっての願いだった犬がやってきたのだ。

ラブラドールレトリバーという大型犬。みるみる育ち、この3か月で3倍の大きさになったという。

幸四郎は遊び相手とみなされているらしく、「僕だけを噛む」と話す。そこでボクシング用のグローブを買ったのだとか。人生初の大型犬に戸惑いつつも、かわいくて仕方ない様子がうかがえた。

※番組情報:『徹子の部屋』
2020年7月24日(金)午後1:00〜午後1:30、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)