唐沢寿明「オリジナル版に近い熱量と集中力を切らさないように」『24 JAPAN』今夜放送開始

10月9日(金)より、2クール全24話にわたってお届けする唐沢寿明主演のドラマ『24 JAPAN』の放送がはじまる。

テレビ朝日が20世紀FOX社と手を組んで制作する『24 JAPAN』では、オリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を克明に描写。

主演・唐沢寿明が演じる日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬(しどう・げんば)が、仲間由紀恵演じる日本初の女性総理候補・朝倉麗(あさくら・うらら)の暗殺計画を阻止するという極秘任務に挑みながら、スリリングかつサスペンスフルな物語を展開していく。

◆唐沢寿明「“自分との戦い”もあり、気が抜けません」

現在、動画配信プラットフォームTELASA(テラサ)では、同作の制作発表記者会見映像を配信している。

会見に登壇したのは、唐沢寿明仲間由紀恵栗山千明池内博之木村多江。出演者たちは、世界中でブームを巻き起こした『24』の日本版だけに気合十分だ。

唐沢は「シーズン1にはミサイルが飛んでくるような派手な演出はないぶん、お芝居のなかにとても緊張感のあるやり取りが多いんですよ。『24』を昔見ていた皆さんに満足してもらえるか気になりますし、オリジナル版に近い熱量と集中力を切らさないようにしなければ…という“自分との戦い”もあり、気が抜けません。ちょっとでも舐めた演技をしていると、ファンの方にもすぐ見透かされますから!」とあらためて気を引き締める。同時に「プレッシャーはありますが、健康に気をつけながら、撮影に集中したい。皆さんにも期待して見続けていただきたいです」と決意をあらたにしていた。

◆2人の“ジャック・バウアー”が堂々共演!

そして10月9日(金)より、ドラマ本編とは毛色の違う、新たなエンタメ特別動画をテレビ朝日YouTube公式チャンネルで公開。放送直前特別企画『CTUから脱出せよ!』で、ご本家ジャック・バウアーになりきって熱演を繰り広げた岸学(どきどきキャンプ)が、『24 JAPAN』の主演・唐沢寿明と真正面から対峙し、“本格”共演をはたす。

『CTUから脱出せよ!』では声のみの出演だった唐沢。今回新たに公開される3種類の特別動画では、唐沢がその姿を堂々とカメラの前に見せることに。しかも、日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬に扮した唐沢が、ご本家ジャック・バウアーになりきった岸に対して「思わず吹き出してしまう極秘ミッションやクイズ」を次々と課しながら、ドラマ本編とは一線を画するコミカルな芝居を展開していく。

◆あらすじ

“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日を迎えた深夜0時――。CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、自宅で娘・美有(桜田ひより)と仲睦まじくトランプを楽しんでいた。ところがその直後、自分の部屋に戻った美有がこっそり家を抜け出したことが発覚。心配した現馬は美有を捜そうとするが、その矢先にCTU東京本部長・郷中兵輔(村上弘明)から緊急招集がかかってしまう。あろうことか「24時間以内に総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)を暗殺する計画がある」との情報が入ったというのだ!

一刻を争う状況のなか、この暗殺計画を阻止すべく、麗の側近とテロリストの接点を洗い出そうとするCTUの面々。そんななか、郷中は信頼する現馬にだけ「CTUのなかに“暗殺計画に関わる内通者”がいる」と告げ、調査を命じる! しかも、極秘任務を請け負うことになった現馬の前に、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)が現れ、“新たな情報”を提供。だが、鬼束の言動を不審に思った現馬は“とんでもない行動”に及んでしまう! 一方、ひとり自宅に残された現馬の妻・六花(木村多江)も美有の身を案じていたが、そこに一本の電話がかかってくる…。

さらにその頃、はるか上空を飛行する旅客機のなかでは、やがて日本中を震撼させる“恐ろしい計画”が進行していた――。

※番組情報:『24 JAPAN』
2020年10月9日(金)よる11:15〜、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

※テレビ朝日YouTube公式チャンネルは、こちら!

※制作発表記者会見映像は、こちら!

関連記事(外部サイト)