岸部一徳、政財界に幅を利かせる極悪人に!ドラマ『七人の秘書』で久々の悪役

10月22日(木)スタートのドラマ『七人の秘書』

目立たぬことを極意とし要人に仕える名もなき「秘書」たちと、その元締めとなる「影の男」が、副業の「人助け」で金や権力にまみれた非情な支配者たちを一掃。理不尽だらけの日本社会を裏で操り、変えてゆく…そんな“影の軍団”の暗躍を描く新時代の痛快ドラマだ。

望月千代(木村文乃)、照井七菜(広瀬アリス)、長谷不二子(菜々緒)、朴四朗(シム・ウンギョン)、風間三和(大島優子)ら5人の秘書たちと、情報屋の鰐淵五月(室井滋)、そしてこのメンバーの元締めとなる萬敬太郎(江口洋介)という超豪華な顔ぶれが話題の同作に、さらにビッグネームの出演が決定した。

新キャストは、財務大臣の粟田口十三(あわたぐち・じゅうぞう)を演じる岸部一徳

『ドクターX〜外科医・大門未知子』シリーズやドラマスペシャル『白い巨塔』など多数の作品で存在感を放ち続ける岸部が、国政を担う日本のドンという濃いキャラクターで『七人の秘書』の世界にさらなる重厚感をもたらす。

しかも、今後秘書軍団と対峙することになる粟田口は、岸部にとって久々の悪役。

岸部自身も、「粟田口は秘書たちのターゲットになる役です。本当はやられてしまう役も好きなんですが、最近あまりなかったので、懲らしめられる側に回るのが楽しみです」と“ノリノリ”で悪に徹している。

続けて、「『こういう人たちと出会って相談したいな』と思える7人のドラマになればいいなと思います。実際にいたら僕も頼みたいことがあるんだけど(笑)、きっと観てくださる方にもそう感じてもらえると思います。楽しく観られてスッキリした気分になれるはず」と作品への自信ものぞかせた。

今回岸部が演じるのは、名もなき秘書たちの対極に位置する財務大臣・粟田口十三。一見穏やかで自分の秘書たちにも優しく接するのだが、腹の底では見下しているという実に“イヤな男”だ。

柔らかい関西弁で誰とでもフランクに言葉を交わす一方で、用心深く、何を考えているのかわからないという人間関係において最も恐ろしいタイプ。

とはいえ、粟田口は国を動かす閣僚。その“地位”にすり寄ってくる各界トップとの人脈を利用し、さらなる“権力”を欲して暗躍し続ける。

政治家を演じるにあたり、「実際の政治の世界にも押しの強い人ってきっとたくさんいるはず。きっと粟田口のような人もいるんだろうな、と思いながらやっています」と語った岸部が作り上げていく“粟田口十三”に期待が高まる。

※番組情報:『七人の秘書』初回20分拡大スペシャル
2020年10月22日(木)スタート!初回は20分拡大スペシャルで午後9:00〜10:14放送、テレビ朝日系24局
【毎週木曜】午後9:00〜午後9:54放送

関連記事(外部サイト)