水谷豊の素顔は「いい意味で不思議な方」カンニング竹山が語る『相棒』杉下右京との“ギャップ”

2000年に土曜ワイド劇場の作品としてスタートしたドラマ『相棒』。10月21日(水)には、最新作の『相棒 season19』第2話を放送する。

2020年にドラマ誕生から20周年を迎えることを記念し、「『相棒』20周年記念インタビュー企画」と題したインタビューを実施。“『相棒』ファン”を自称する著名人が同作との出会いや熱い思いについて語っている。

今回は、カンニング竹山のインタビューの様子を紹介。

『相棒』を好きになったのは、妻の影響だという竹山。「僕の妻の方が好きなんですけど…」と謙遜しながらも、同作の魅力や印象に残るエピソードについて熱く語ってもらった。

カンニング竹山(以下、竹山)「数年前から家に帰るたびに(妻が)いつもドラマを見ていて、はじめは普通のドラマを見ていると思ったんですよ。でもかなりの確率で右京さん(水谷豊)が映るので、途中で気づいたんです。『これお前、ずっと『相棒』見てないか!?』って。

レギュラーシーズンが終わっても再放送をやるじゃないですか。(妻は)常にそれを録画して、1話2回くらい見ているんです。それで自然と僕も見るようになるじゃないですか。そうするとおもしろいなって」

妻の影響で、『相棒』のおもしろさにハマっていった竹山。そんな彼に、同作の魅力について聞いた。

竹山「奥の深さじゃないですか。これだけ撮影していて、マンネリ化しないのは不思議ですよね。『相棒』って20年目でしょ? 大体そういうものって『またこんなことか』っていうのがあるんだけど、『相棒』はそれがなくてずっと飽きないんですよ、毎回。

僕らは普通に楽しんで見ているだけですけど、作っている人たちは変な意味ですけど地獄だろうなって思ったことはありますよね。毎回、(見ている人たちを)楽しませるわけですから。

『相棒』に関しては平均点80点以上取っていかないと、視聴者はもう許さなくなっているじゃないですか。僕らから見るとそれを軽々クリアしてくるので、『すごいな』と思いますよね」

『相棒』ファンだからこそ感じる、制作陣へのリスペクト。では、同作を語るうえで欠かすことの出来ない主人公・杉下右京に対しては、どんな印象をもっているのだろうか?

竹山「水谷豊さんという俳優さんを子どものころから見ていて、いろんなパターンを見てきていますけど、右京さんはやっぱり右京さんなんですよね

先生やっているときもあったし、ほかの刑事もやっているときあったし、もっと若いときはワルをやっていた。いろいろ見ているはずなんですけど、やっぱり右京さんですよ。

あの品のよさ。でもちょっとワイルドなところもあって。頭いいしインテリでもあるし、嫌味があるようで嫌味がない。ちゃんと正義だし、正しいことはちゃんと言ってくれるし。

よくあんなキャラを作り出したというか、『どうやって右京になったんですか』って一回聞いてみようかな

実は竹山、水谷とはプライベートでも食事に行くなど、親交があるという。俳優・水谷豊の素顔について聞いてみた。

竹山「プライベートはメチャメチャおもしろいですよ。右京さんじゃないです。でもたまに“右京さん”を出してくれるんですよ。それがおもしろいですね

みんなでご飯食べているときに、たとえば中華料理屋だとポットみたいなのがあるじゃないですか。木梨憲武さんとかが振ったりすると、ちょっと一瞬『(紅茶入れるシーンを)やろか?』って言ったりするんです。

ユーモアが結構好きな方で、冗談みたいなことも言いますよ。ノリツッコミみたいなこともするし、『バカ野郎!』みたいなことも言いますし。おもしろいですよね。いい意味で不思議な方

◆普通のドラマじゃないなというのはすごく感じました

2020年、長寿シリーズ『相棒』もドラマ誕生20周年を迎える。過去作のなかで印象に残るエピソードを聞くと、「夫婦で意見合いました」と前置きしながら、「ボーダーライン」(『season9』 第8話)を挙げた。

竹山「決して明るい話じゃないです。でもこれはね、今の時代の闇をドキュメンタリーのようにドラマ化しているんです。見終わったあと、ドラマだけど1本の深い映画を見たかのように、心のなかをズキューンと打たれた感じ。

社会を生きている自分としても考えていかなきゃいけない問題というかドラマであり、報道の特集を見ているようでした。素晴らしいなと思いました。普通のドラマじゃないなというのはすごく感じましたね

あとは、『BIRTHDAY』(『season11』第18話)っていう話もいい意味で気持ち悪かった。加藤清史郎くんが行方不明になるんですけど、それとは関係ないと思うようなほかの事件も起きて、右京さんがどんどん暴いていくんです。

複雑というか考えさせられましたね。複雑なパズルを組み合わせていくみたいな感じのエピソードで、印象に残っています。

『相棒』ってハズレ回ってないですよ。毎回毎回話が違うし、やり口も違うから。逆におもしろいと思いますよ。歴代の相棒の方もすごいし、新しいパートナーになる方も『どうなんだろう』って思うけど、いつのまにか相棒になっている。

木梨憲武さんが本気で相棒になりたがっていましたよ。水谷さんにオファーかけて断られていましたから。本気なのかと思いましたけど、意外と本気で相棒になるつもりだったみたいです。でも、その会話を聞いていて俺のなかでも『ダメでしょ』って思ったけど(笑)」

※番組情報:『相棒 season19』第2話
2020年10月21日(水)午後9:00〜10:09、テレビ朝日系24局

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

関連記事(外部サイト)