ニコラス・ケイジが「世界一」と絶賛した日本人アクション俳優。命がけのアクションに山ア賢人も驚き

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』

10月26日(月)の放送では、山本舞香とハライチ澤部佑をゲストに迎え、「撮影現場で1人だけ、文字通りガチで命をかけてしまっているアクション俳優」ことサカグチさんを紹介する。

サカグチさんは日本を代表するアクション俳優・坂口拓のこと。2001年に24歳で映画『VERSUS ヴァーサス』に主演し、俳優デビュー。以来、ひたすらアクションにこだわり、俳優業をまい進してきた。

サカグチさんは俳優活動を開始後、数々のアクション映画に出演。そのほとんどが、段取りを一切決めないというスタイルで、負傷箇所は歯4本、全身の骨折回数100回以上、切り傷120箇所。

骨を折りすぎて、骨折程度では病院に行くことはなく、ついには2020年8月に公開された主演作『狂武蔵』では588人とのガチの殺陣、77分ワンカットの映画に挑戦した。

学生時代、運動神経も悪く勉強も苦手で、めちゃくちゃビビりな少年だったといサカグチさん。進学した高校は不良が多く、駅へ向かうと電車賃狙いの不良がたむろしていた。そこでサカグチさんはカツアゲに遭うのが嫌で、自転車通学に切り替える。

高校は山の上にあり、実家からなんと20km。つまり毎日往復40kmのチャリ通学をつづけたのだ。その結果、足腰最強となり、体力もアップ。さらにある女性に恋したことがなぜかトレーニングに直結。いつしか体がバキバキに鍛えられ、恵まれた体形を生かすべくアクション俳優を目指すことを決意する。

とはいえ、アクション俳優になりたいからといって、すぐ夢が実現するわけでもなく、いっときは事務所は事務所でも畑違いの事務所に所属。命を狙われる事態に巻き込まれたこともあったという。

そこからどうやってアクション俳優として頭角を現し、徹底的に”リアルなアクション”を追求する姿勢が認められるようになったのか。

いまでは山ア賢人をはじめ若手俳優から慕われる存在となり、今回山アがVTRで出演。サカグチさんへのメッセージを寄せる

映画『キングダム』で共演し、サカグチさんのリアルアクションを体験した山ア。撮影中はその命がけのアクションに衝撃を受け、“ある思い”を抱いたのだとか。

さらに今年公開予定のハリウッド映画にも出演し、共演したニコラス・ケイジに「お前は世界一のアクション俳優だ」と絶賛されたサカグチさん。

世界でも評価される伝説のアクション俳優になるまでの、とてつもなくハードな道のりを見ていく。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2020年10月26日(月)午後11:15〜深夜0:15、テレビ朝日系24局(※?部地域を除く)

関連記事(外部サイト)