ダレノガレ明美、動物問題で「テレビでは言えない」赤面な答え出すが…不正解!

この10月よりリニューアルした『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』。10月27日(火)放送の同番組でも、16人の「トリニクダイヤモンド」がクイズに挑む。

16人の「トリニクダイヤモンド」は、優等生4人、劣等生5人、モンスター4人、そして東京大学出身者3人で構成。

ステージ1の「なんて読む? 超絶ムズい漢字!」1問目は超難問。人のカラダに関する漢字「雲脂」の読み方に全員で挑戦する。

この問題の不正解者全員に対して、「汚」「髪」「毛」「粉」「頭」というセンス抜群のヒントが与えられ、司会の浜田雅功が「これはキレイなヒントやなあ!」と絶賛するが……なぜか悶絶するように悩みはじめる横川尚隆。さらに、漢字の読み方を答える問題にもかかわらず、漢字で答えてしまうという解答者まで飛び出す

2問目は、優等生らに向けた難問。漢字で「樹懶」と書く動物が出題される。

この問題に頭を抱えるせいや(霜降り明星)は、「(番組がリニューアルしてから)めちゃ難しくなりました!強烈なクイズ作家が入ったんですか?」と、番組開始当初に比べて格段に難しくなったクイズに愚痴をこぼさずにいられない。

東大出身者も間違えるこの問題だが、「劣等生」からまさかの正解者が現れる。

◆ダレノガレ「テレビでは言えないテクニック」と赤面

また、ステージ3「生き物の不思議な世界」では、「セアオマイコドリは師匠のもとで、上下に飛ぶ動きを10年間も修行するのはなぜ?」、「シロテナガザルの3頭に1頭はなんの経験をする?」という問題が出題される。

1つ目の問題の漢字一文字ヒントには「結」「婚」「愛」「恋」と、その行動が示す生態に関するものが並ぶも、解答者からは「結婚と恋愛のどっち?」「余計わからない!」とヒントに対してまさかのクレームが出る。

そんななかダレノガレ明美は、「テレビでは言えないテクニック」と顔を赤らめながら解答するも不正解!

一方で、2つ目の問題では、ヒントの漢字がそのまま解答になるという大チャンス。モンスターたちからも「ナイスすぎます!」と絶賛の声が上がる。

※番組情報:『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』
2020年10月27日(火)午後8:54〜午後9:48、ABCテレビ・テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)