『スポーツ王』ゴルフ対決に、渋野日向子らが参戦!石橋貴明「もうおじさんはタジタジです(笑)」

石橋貴明&木梨憲武がスポーツ界の頂点に立つ強豪たちに真剣勝負を挑む、お正月の風物詩『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』を2021年1月2日(土)に放送する。

2021年の『スポーツ王』の「ゴルフ対決」では、2020年に引き続き2度目の登場となる渋野日向子プロ、同じく2度目の参戦で、 2020年日本のメジャー2連勝という偉業を成し遂げノリにノッている原英莉花プロ、そして今回初登場の19歳のルーキー・笹生優花プロが、女子プロチームを結成。

一方、石橋と木梨率いるとんねるずチームは、『スポーツ王』11度目の参戦となる石川遼プロ、バラエティ番組などで大活躍中の古閑美保を助っ人に招聘。

「浮島キャッチング対決」「駅伝タイムアタック」「空中ホールインワン対決」の3番勝負で、最強女子プロチームとガチバトルを繰り広げる。

◆ジャニーズからの刺客が初参戦で、ミラクル連発

「浮島キャッチング対決」では、それぞれの島に指揮官となるオラキオ、名門・済美高校野球部出身のティモンディ(前田裕太、高岸宏行)、そして初参戦となる、ジャニーズの人気グループ・A.B.C-Zの河合郁人&塚田僚一がスタンバイ。女子プロチームととんねるずチームが打ったボールを受け止める。

前回、高岸の独特のテンポにドハマりした原は、2人で「やれば〜できる〜!」と口を合わせて宣言するなど、のっけから息ピッタリ。

また、念願のキャッチング部隊デビューをはたすことになった“ジャニーズものまね”で人気の河合は「モノマネをしてから100発100中取ります!」とコメント。アクロバットが得意で高い運動能力を誇る塚田は「かっこいいところを見せたいので、バック転してから取ります!」と気合十分だ。

一方、浮島に向かってボールを打つ女子プロチーム&とんねるずチームもナイスショットを連発。木梨が打った高度な“水切りショット”を、少年野球経験者の河合が手で止める奇跡のプレーには、選手一同大歓声

さらに後半、おもむろに野球バットと軟球をもち出した石橋。石橋のトスで小学生の頃、ソフトボールをやっていた渋野が、みごとな左打ちを披露するひと幕も。

そんな「浮島キャッチング対決」に石橋は「過去最高の勝負になった!」と、自信を見せる。

◆トッププロがフェアウェイを全力ダッシュ!

チームのメンバーが1打ずつ順番に打ち、カップインまでのタイムの速さを競う「駅伝タイムアタック」。2打目以降のメンバーは球の落下予測地点でスタンバイしており、自分が打った後は次のプレーヤーのところまでタスキを手に全力ダッシュする。

次のプレーヤーはタスキを受け取るまで打てないため、打った人はとにもかくにも大爆走。トップクラスの飛距離を誇る原と笹生を前に、「ショットは2人に任せます!」と語る渋野のもと、女子プロチームのティーショットは笹生が担当することに。「走りには自信がない…」という笹生だが、傾斜の多いフェアウェイで見事な爆走を披露する。

対するとんねるずチームは、途中に池がある難関ホールで「2オンを狙いたい」という石川の采配で、古閑がティーショット、2打目を石川が担当。グリーン周りを木梨と石橋に託す作戦に。

女子プロ3人や石川遼が、まさかのフェアウェイを猛ダッシュする、普段は絶対に見られない貴重なトッププロの姿を披露する。

さらに、前回に引き続き「空中ホールインワン対決」を実施。宙に浮かんだ特設カップに、先にホールインワンを決めたチームが勝利となるこの真剣勝負、勝ったチームには一発逆転可能なスペシャルポイントが加算されるとあって、全員ヤル気満々で臨む。

前回は畑岡奈紗プロが1巡目でホールインワンを決めるという衝撃の結末を迎えたが、はたして2021年は。熱い勝負をお届けする。

◆石橋貴明(とんねるず) コメント(全文)

今回、『日本オープン』『LPGA ツアー選手権』と今年メジャーで2勝を飾った原さんが来てくれて、 ノッてるな、という勢いを感じましたね。そして初登場の笹生さんは19歳! 日本女子ゴルフ界の未来は明るいですね。とんねるずチームが引き立て役になってしまっていたら…どうしましょう(笑)。

石川遼くんは、今回「駅伝タイムアタック」をやったグリーンで、8年前にすごい雨のなかロングパットを決めたんですよ。“もうあれが8年前なの!?”という感じで、いかに長きに渡ってこの番組に貢献してくれているのかを実感しました。

「浮島キャッチング」は、ジャニーズの2人も確実にボールを捉えてくれたし、ミラクル連発で過去最高の勝負になったと思います。僕は途中で野球のバットと軟球ももち出しましたが、なかなか狙い通りにはいきませんでした(笑)。でも、渋野さんはソフトボールやっていたから打てていましたね!

しぶこちゃん、原さんの女子プロ黄金世代に続く、笹生さんのようなミレニアル世代というんでしょうか…次から次へと出てくる女子プロのニュースターたちに、もうおじさんはタジタジです(笑)。

◆木梨憲武(とんねるず) コメント(全文)

大雨で寒かった去年とは打って変わって、今回はいい天気のなか、女子のトッププロ3人と、とんねるずチームの石川遼くん、古閑さんとでいい戦いができました。

「浮島キャッチング」の見どころは何と言ってもジャニーズチームの活躍です! 彼らの身体能力の高さ、キャッチング部隊のチームワークが整っていくスピード、そして5つに分割された“ソーシャルディスタンス浮島”という個人の能力が活かされる新しい浮島にも注目していただきたいですね。

石川くんが出てくれるようになってから10年以上…。「クラブの番手を一つ上げたほうがいいです」 など、僕らは石川くんの指示通りにやっているので、もはやチームをまとめるキャプテンです(笑)。

年に一度、ヒーローたちが遊びに来てくれるバラエティという名の真剣勝負で、間近でプロの技を見せてもらったうえに一緒に写真も撮ってもらえて、ゴルフおじさんは幸せです(笑)。

2021年は、1月2日(土)の『スポーツ王』に続き、1月4日(月)、5日(火)は僕が“ドン・キナシ”としてプロモーターを務める『イッテンヨン』『イッテンゴ』(※『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』)にも、ぜひご注目ください(笑)!

◆石川遼プロ コメント

今回、「浮島キャッチング」がめちゃくちゃおもしろかったです。ジャニーズのお2人もキャッチング部隊に登場して体を張ってくださったのでビックリしました。

今回は浮島が5つに分かれていたんですけど、僕はイメージしやすかったし、キャッチング部隊の皆さんも動きやすかったんじゃないかな、と思います。

女子プロチームはみんな勢いがあって強くて明るい選手たちでした。原さんはこの収録の直前の大会で優勝した勢いをすごく感じましたし、手ごわかったですね。笹生さんとははじめて会ったんですけど、お茶目でかわいかったです。今年の『スポーツ王』は、みんながいいプレーをして締まったスタートになったと思います。

とんねるずのお2人も、ショットの精度がすごく高くて、今年はみんなのショットがキレキレだったという印象ですね。「駅伝タイムアタック」も「空中ホールインワン対決」も本当に楽しかったです。

◆渋野日向子プロ コメント

バラエティ番組にはいまだに慣れなくて、実は今回もちょっと緊張していたんですが、1年ぶりに参加できて楽しかったです。

悔しい部分もあるんですが、おもしろいシャンクを打てたので、“盛り上げる”という意味ではよかったのかなと思います(笑)。

今回はとくに「浮島キャッチング」がおもしろかったですね。本当にいろいろな奇跡が起きています! 木梨さんの水切りショットもすごかったですし、私も野球のバットで打ったりして…かなりおもしろくなっていると思います。

◆原 英莉花プロ コメント

去年はすごく緊張しちゃって体が全然動かなかったんですけど、2度目の今回は、楽しんで参加できました。女子プロチームは普段からよく話しているメンバーだし、みんな個性があってよかったなと思います。

とんねるずのお2人も合間にいろいろとお話してくださったし、緊張をほぐしていただいたのでありがたかったです。

「浮島キャッチング」は、私ももう少し盛り上げられたらよかったんですけど (笑)、本当に楽しかったです。ジャニーズのお2人もすごくおもしろかったです!

◆笹生優花プロ コメント(全文)

今年日本で暮らしはじめるまではフィリピンや海外にいたので、日本のテレビ番組をあまり知らなかっ たんです。日本語があまり上手じゃないので、ちゃんとついていけてるか心配だったんですが、とんねるずのお2人が優しくておもしろかったし、ゲームもまるでアドベンチャーみたいで楽しかったです。

「駅伝タイムアタック」で、ティーショットを打った後に走るのが一番不安だったんですが、無事に完走できました(笑)。個人的には「浮島キャッチング」が本当に楽しかったので、ぜひ注目してほしいです。

◆河合郁人(A.B.C-Z) コメント

最初に『スポーツ王』に出られると聞いたとき、「いつもテレビで観ていたあの島に自分も立つんだ!」 と、信じられないくらいうれしかったです。

テレビで観ているときは「えー! 今のは取れたでしょ!」とツッコみながら観ていたんですけど、実際にあそこに立ったら難しい! 体力も使いますし、「これはガチのスポーツだな…」と実感しました。

僕は少年野球をやっていたんです。でも、最近は全然できていなかったので、久々に野球ができた感じで楽しかったです。野球をやってるときも、ゴロやライナーがくると素手でパッと取っちゃうことがあったので、今日もとっさに手が出ちゃう場面がありました(笑)。

とんねるずのお2人とはお会いするのもはじめてでした。“僕たちのことなんか知らないだろうな…”と 思ってたんですけど、木梨さんが振ってくださったりして、すごく気持ちよくモノマネできました(笑)。

ゴルフの試合ではプロのスポーツ選手が「わー!」って無邪気に大喜びしているところってあまり見られないんですが、今回は女子プロの皆さんのそういう素の姿を見ることができてキュンキュンしましたね(笑)。そして僕自身も自分たちが頑張った姿を早くテレビで観たいくらい、放送が楽しみです (笑)。

◆塚田僚一(A.B.C-Z) コメント

『スポーツ王』が好きでいつも観ているんですけど、僕が記憶している限り、過去にこんなにスゴイ回はなかったと思うんです。その回に僕と河合も参加させてもらえて本当によかったなって思います。

オラキオさんがリーダーとして指揮をとってくださって、ティモンディのお2人もすごいキャッチを見せてくださいましたし、必死についていくだけでしたが、すごくいいチームワークでした。

浮島がわかれていたので、オラキオさんが離れたところから「気を付けよう」「声を出そう」と声をかけてくださって、行くところは行く、引くところは引くという信頼関係ができ上がりました。でも一回だけオラキオさんにはめられました(笑)!

僕は野球経験がなくて打球が読めないので「指示をお願いします!」って言ってたんです。そしたら、僕とオラキオさんの間にボールが飛んできて「これは塚っちゃんだ!」って言われたんですけど、ギリギリのところで「あ、ごめん。やっぱ俺だ」と言われて、かっこよく飛びたかったのに…という場面があります(笑)。

そんな僕とは逆に今日の河合はかなりかっこよかったですよ(笑)。

明るく元気になれる2021年のはじまりにふさわしい番組なので、たくさんの人に観てほしいです。

※番組情報:『夢対決2021 とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 5時間スペシャル』
2021年1月2日(土)午後6:30〜午後11:30、テレビ朝日系24局

※『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』大会の模様は1月4日(月)深夜『新春ワールドプロレスリング』(テレビ朝日系列)にて放送。

※番組公式 Twitterはこちら!

関連記事(外部サイト)