広瀬すず、“CAの所作指導体験”で気遣いの難しさを実感「真のプロ意識を感じました」

広瀬すずが戦後初のCA役に挑む大型スペシャルドラマ『エアガール』が、3月20日(土)に放送される。

クランクイン前に広瀬、坂口健太郎をはじめとする豪華キャストが、CA(キャビンアテンダント)やパイロットの訓練施設がある日本航空(JAL)テクニカルセンターを訪問。役作りのため、CAの所作指導や、現役キャプテンによるフライト指南などを体験した。

『エアガール』は、“空”へのあこがれを胸に、持ち前のチャレンジ精神で戦後初のCAとなったひとりの女性・佐野小鞠の奮闘を描く感動のドラマだ。

坂口、藤木直人、山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花、橋爪功、松雪泰子、吉岡秀隆ら充実の俳優陣も集結! 小鞠の青春とともに、GHQに航空関係の活動を一切禁止されていた苦難の時代、“日本人の手で航空事業を立ち上げる”という壮大なミッションに挑んだ男たちの熱き戦いも綴っていく。

◆広瀬すず&坂口健太郎、コックピットのモックアップに大興奮

まず、広瀬と坂口が訪ねたのは、操縦室のモックアップ(模型)がある整備士訓練施設。本物さながらのコックピットのモックアップに案内された2人は、ズラリと計器やスイッチが並ぶ様に圧倒された様子で「すごい」を連発!

機長席、副操縦士席に座らせてもらい、「意外と狭いんですね!」と普段立ち入ることができないコックピットに興味津々の表情を浮かべていた。

機器の説明を受けた2人はその後、実際に操縦桿を握ったり、スイッチを操作したりしながら離陸時などの操縦手順を教えてもらう。「これは連動しているんですか?」「離陸の準備にはどのくらい時間をかけるんですか?」などと鋭い質問を投げかけていた。

また、2人は現役キャプテンにもインタビュー。

パイロットという仕事の魅力を聞かれたキャプテンが「事前にどんなに準備をしていても、自然が相手なのでその場で判断を下していかなければならない。そこは臨機応変が求められる俳優の仕事と同じでは?」と語ると、「役が違うとまったく違う人物にならなくてはならないので、俳優はコンプリートのない仕事」(坂口)、「いろいろなタイプの俳優さんがいて、それを見ているとおもしろい仕事だと思います!」(広瀬)と応じ、思いがけずパイロットと俳優業の共通点を発見する場面もあった。

◆CAの所作指導にチャレンジ

山崎、藤野、中田、伊原らエアガール第1期生を演じるキャストも加わり、一同は客室乗務員の新人訓練やブラッシュアップ教育のための客室訓練施設へ。機内が忠実に再現されたモックアップで、JALが掲げるおもてなしへの考え方、安全性への配慮、サービスの基本姿勢を伝授してもらうことに。

キャストたちはCAとしての立ち居振る舞い、乗客との接し方、言葉遣いなど多岐にわたる講義を受け、「立ち居振る舞いとは思いやりの心を表すこと」「物の受け渡しは心の受け渡しと思ってください」など、おもてなしの極意を伝えるJALのインストラクターの言葉に、深くうなずいていた。

さらに、実際に客室を巡回する際の歩き方、おしぼりや毛布、飲み物のサービスを実践形式でレッスン。CAは乗客にムダな筋肉を使わせないことが大切、つまりすべて乗客が受け取りやすい位置に差し出すよう伝授された広瀬は、おしぼりサービスやコーヒーサービスにチャレンジし、気遣いの難しさを実感。

「私も飛行機に乗ったとき、たしかにムダな筋肉を使っていなかったなと思いました。それがCAのみなさんのお心遣いだったんですね…。コップやトレイを持つときの手の位置や仕草なども勉強になりましたし、“見られている”という意識のなかできめ細やかなサービスを提供されていることに真のプロ意識を感じました」と、CAの基本姿勢を学び取っていた。

広瀬たちキャストはそんな貴重な体験を、その後の撮影で演技に昇華させて、戦後初のCAを見事に体現! 空のサービスについて学んだ技術や所作がドラマのあちこちに登場する。

◆『TELASA』限定企画配信決定!

動画配信プラットフォーム『TELASA(テラサ)』では、『エアガール』撮影現場を追いかけた『エアガール テイクオフ直前スペシャル』が、3月6日(土)から配信される。

出演者のインタビューに加え、このCA所作指導時の映像も公開! 広瀬や坂口、エアガール役のフレッシュな女優陣が空のサービスを学んだ様子をお届けする。

さらにドラマの放送終了後には、ここでしか見られない出演者のインタビューやメイキングが詰め込まれた『エアガール ランディング後スペシャル』の配信も決定している。

※番組情報:『エアガール』
2021年3月20日(土)午後9:00〜、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)

×