NGT卒業後も芸能活動継続…山口真帆が進むべき道は 不適切投稿で加藤美南が炎上、メンバーSNS停止へ

 NGT48の騒動は鎮静化しそうにない。21日には、人気メンバーの加藤美南(20)が、18日に卒業した山口真帆(23)をめぐりSNSに不適切な投稿をしたとして研究生に降格処分となった。加藤は謝罪したがネット上ではさらに大炎上することに。一方の山口は卒業後も芸能活動を継続する意向を示しているが、すでに水面下で大手芸能事務所が触手を伸ばしているという。

 加藤は20日、インスタグラムで山口のニュースを報じたテレビ番組の写真とともに「チャンネルを変えてほしい」と投稿し、炎上していた。

 さらに降格処分を受けて加藤が謝罪の上、「友達だけに公開しようとした」と弁明したところ、さらに炎上することに。NGTメンバーのSNS運用の停止も決定した。

 一方の山口は、先日の卒業公演でアイドルグループ、欅坂46のヒット曲で「僕だけいなくなればいいんだ」といったセンセーショナルな歌詞もある“厄介者”を意味する『黒い羊』を熱唱し、話題となった。

 「山口さんは、AKB48グループの総合プロデューサーの秋元康さんには自身のモバメ(有料メール)で感謝の言葉をつづったり、秋元さんが今回の卒業公演の楽曲を書き下ろすなど両者の関係は悪くありません。一方、運営に対してはいまだに不信感が根強く、『黒い羊』を歌ったのはその表われでしょう」とアイドル誌編集者。

 そうした中、山口の今後の去就も注目されているわけだが、民放テレビ局の情報番組スタッフはこう明かす。

 「山口さんには、話題性やルックス、発信力に大手芸能事務所の幹部が興味を示しているそうです。その事務所には数多くの俳優や女優、アーティスト、お笑い芸人、人気モデルも所属しており、モデル志望と言われる山口さんの意向にも沿う形になるでしょう」

 もっとも今後の芸能活動が安泰かというと、厳しいとする見方もあるという。

 「山口さんは事件の被害者ですし、世間が同情的ですが、バラエティー番組は話題性を求めて、山口さんに暴露話を求めることになるでしょう。それでは、自らの発信で波紋を広げたとはいえ、山口さん本人もやり難いでしょう。ドラマや映画となると演技力も未知数ですし、現状では騒動のイメージが強すぎます」とバラエティー番組などを手掛ける放送作家。

 とはいえこう続ける。

 「そういう意味ではモデル業は合っているのでは。テレビ中心の芸能活動にとらわれることなく、知名度や発信力、自己プロデュース能力を生かして、YouTubeやインスタグラムなどのSNSを駆使してファッションアイコンとして活躍する道もあるでしょう」とのこと。

 山口の今後の動向に注目だ。

関連記事(外部サイト)