64歳・堀尾正明アナ、涙目生釈明 50代モデル美女と不倫報道、お泊まりは「日をまたいだケア」

64歳・堀尾正明アナ、涙目生釈明 50代モデル美女と不倫報道、お泊まりは「日をまたいだケア」

不倫疑惑が報じられた堀尾アナ

 元NHKのフリーアナウンサー、堀尾正明(64)が20日、コメンテーターを務めるTBS系情報番組『ビビット』で、同日発売の『週刊新潮』が報じているファッション誌のモデルも務める50代の女性との親密交際について「許容範囲を超えた行動で、不快な思いをさせてしまったことに言葉もありません。申し訳ありませんでした」と“生ざんげ”した。

 同誌によると、堀尾のお相手は小学生の息子2人を育てるシングルマザーの女性。スラリとした長身で、中山美穂によく似た小顔美人だとも。この女性は2年ほど前に夫に先立たれたという。

 堀尾が親しげにデートを繰り返し、時には女性の家に宿泊する様子を伝えているが、堀尾には長年連れ添った妻と子供がいるというから穏やかではない。宿泊は今月に入ってから3週間で、4回にも及んでいる。

 20日、『ビビット』に生出演した堀尾。黒いネクタイを締め、口を真一文字に結び、VTRに見入る表情はこわばっていた。

 「自分の行動が多くの人を傷つけ、ご迷惑をかけ誤解を生じ許容範囲を超えた行動をしたと反省しております。視聴者のみなさんに不快な思い、嫌な思いをさせてしまい、言葉もありません。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した目は真っ赤に充血し涙目だ。

 相手の女性について「女性に事情があり、いろんな人脈や取材を通じてサポートをさせていただきたいということで、女性のところに入り込んだ」と説明。宿泊は「日をまたいだケアがいいかなと思うこともあったが、思えば出過ぎたことだったと思う」と猛省しきり。

 「2年半くらい前から(自分が)朝早い仕事をしていることや、妻のライフスタイル、親の介護もあり、別々に住んだほうがいいと判断し別居している」と夫人との別居も認めたが、番組では夫人のコメントまで紹介され、イジリ倒されることに。「襟を正していきたいと思う」と語った。

関連記事(外部サイト)