「24時間テレビ」チャリティーランナー発表、日テレが“小出し”にするワケ

「24時間テレビ」チャリティーランナー発表、日テレが“小出し”にするワケ

いとうあさこ

 ■「イッテQ」視聴率連敗で苦肉の策

 8月24、25日放送の日本テレビ系『24時間テレビ42』のチャリティーランナーを務めることが発表されたタレント、いとうあさこ(49)とガンバレルーヤのよしこ(28)。14日の同局『世界の果てまでイッテQ!』内で4人による駅伝形式で行われることも明かされたが、残り2人の名前はこの日は伏せられたまま。もったいぶるワケは、やっぱりあの番組のせいなのか。

 なかなか発表されなかったチャリティーランナー。今年はよもやの中止説すら流れたが、ようやく発表された。

 番組史上初の4人がそれぞれフルマラソンを走る駅伝形式ながら、この日発表されたのは2人だけ。

 番組MCの内村光良(54)からランナーに決まったことを告げられた2人は苦笑いを浮かべながらも、「頑張って走り抜きます」と決意表明。

 いとうとよしこには残る2人の名が明かされたが、「心強いです」と言ういとうに対し、よしこは「太ってません?」とイミシンなヒント。

 この演出にはネット上では「小出しにするな」という反発が上がっている。「最近のイッテQは視聴率でテレビ朝日の『ポツンと一軒家』に連敗しているので、こうした演出が視聴者にはテレ朝に対する苦肉の策だと映っているのです」と民放関係者。

 もはやサプライズ演出は時代遅れかも。

関連記事(外部サイト)