ピエール瀧容疑者、拘置先へ移送 カメラが車両囲み、一時騒然

ピエール瀧容疑者、拘置先へ移送 カメラが車両囲み、一時騒然

薬物 瀧容疑者を拘置先移送

ピエール瀧容疑者、拘置先へ移送 カメラが車両囲み、一時騒然

関東信越厚生局麻薬取締部が入る九段第三合同庁舎から出てくるピエール瀧容疑者=東京・千代田区(撮影・佐藤徳昭)

 テクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が12日、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反(施用)の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕され、翌13日午前3時25分頃、東京・千代田区の同部から拘置先の湾岸署に移送された。

 詰めかけた報道陣約70人が無数のシャッターを切る中、瀧容疑者が乗った車両は同部を出発。カメラマンが車両を囲み、一時騒然とする場面もあったが、ワンボックスカーの後部座席中央に座った瀧容疑者はめがねをかけ、目を閉じていた。

 移送先の湾岸署には同40分すぎに到着。署に入る際は車のカーテンは閉められていた。

 逮捕容疑は12日頃、東京都内やその周辺でコカイン若干量を摂取した疑い。瀧容疑者は「コカインを使用したことは間違いありません」と容疑を認めている。関東信越厚生局麻薬取締部は薬物を使用しているとの情報をもとに、12日午後、東京・世田谷区内の自宅や車を家宅捜索。任意同行を求め、尿を調べたところ、コカインの陽性反応が検出された。

関連記事(外部サイト)