オール阪神、久々の漫才「98点」脳梗塞から復帰

脳梗塞で休養していたオール阪神が9日仕事復帰 オール巨人は「98点」と漫才振り返り

記事まとめ

  • 初期の脳梗塞で休養していたオール阪神・巨人のオール阪神が9日に仕事復帰した
  • オール巨人は久しぶりの漫才については「98点ですね。問題ない」と満足げに話した
  • また、同公演ではお笑いコンビ、Wヤングの平川幸男も仕事に復帰した

オール阪神、久々の漫才「98点」脳梗塞から復帰

オール阪神、久々の漫才「98点」脳梗塞から復帰

仕事復帰したオール阪神(右)とオール巨人

 初期の脳梗塞で休養していた漫才コンビ、オール阪神・巨人のオール阪神(62)が9日、大阪市中央区のなんばグランド花月で仕事復帰した。

 「怖かったですよ。やり慣れたネタで忘れていたらどうしようと思いました」。出番後に取材に応じた阪神はホッとしたようすで話した。

 右手にしびれなどの違和感を覚えていたが、3月27日にサインを求められたところペンを落としたため、病院へ直行。そのまま検査入院となった。その後、カテーテルや点滴などで治療し、今月6日に退院した。「しゃべることも指もリハビリで動くようになりました。ガラケーでメールが打ちづらいくらい」と漫才には問題ないことを強調した。

 相方のオール巨人(67)は金髪で登場し、観客を驚かせた。「テレビ番組でブリーチしたんです。髪が薄いからやれるのか?と思いましたが、一本あればやれるって」と笑わせた。阪神が休養している間、1人で舞台に立ってきたが、久しぶりの漫才については「だいたい1週間やらないとネタが狂う。きょうは狂いかけたところもあったんですが、98点ですね。問題ない」と満足げに話した。

 阪神はもともと糖尿病だったが、この機会に禁煙に踏み切った。夜中にアイスクリームを食べる習慣もやめ、コーヒーもたっぷりシロップを入れていたが、ブラックに変更。体重は85キロから70キロに減量した。

 また、同公演ではお笑いコンビ、Wヤングの平川幸男(77)も仕事に復帰した。2月12日に「左変形性膝関節症」、その6日後に「腰部脊柱管狭窄症」の手術を受けていた。糖尿病の治療にも取り組み、12キロ減量した。「なんとか倒れずにできました。一番辛かったのは相方です。入院している間、我慢してくれました」と話した。

関連記事(外部サイト)