佐藤アツヒロ、11年ぶり再演に気合「集中力を持って臨みたい」

佐藤アツヒロ、11年ぶり再演の舞台『hymns(ヒムス)』に気合入れる

記事まとめ

  • 佐藤アツヒロの舞台『hymns(ヒムス)』が東京の博品館劇場で初日公演を迎えた
  • 佐藤演じる画家と彼を取り巻く男たちとのやりとりを中心に人間の内面を描く物語
  • 佐藤は「心の汗をバンバンかいています。集中力を持って臨みたい」と気合を入れた

佐藤アツヒロ、11年ぶり再演に気合「集中力を持って臨みたい」

佐藤アツヒロ、11年ぶり再演に気合「集中力を持って臨みたい」

舞台「hymns(ヒムス)」の会見を行う左から演出の鈴木勝秀氏、山岸門人、陰山泰、佐藤アツヒロ、新納慎也、中山祐一朗

 俳優、佐藤アツヒロ(45)の主演舞台「hymns(ヒムス)」(脚本&演出・鈴木勝秀氏)が11日、東京・銀座の博品館劇場で初日公演を迎えた。

 自己表現として真っ黒な絵ばかり描く画家(佐藤)と、彼を取り巻く男たちのやりとりを中心に、人間の内面を描く物語。2008年の初演以来、11年ぶりに同役を演じる佐藤は「会話劇なので心の汗をバンバンかいています。集中力を持って臨みたい」と気合を入れた。21日まで同所で。翌22日は大阪・サンケイホールブリーゼで。

関連記事(外部サイト)