上方漫才大賞、かまいたちが奨励賞!山内「仕留めておきたかった」

上方漫才大賞、かまいたちが奨励賞!山内「仕留めておきたかった」

(左から)亜生、昴生、剛、礼二、山内健司、濱家隆一

 上方演芸界で最も長い歴史を持つ「第54回上方漫才大賞」(ラジオ大阪、関西テレビ主催)の発表会が13日、大阪・オリックス劇場で行われ、兄弟漫才コンビ、中川家が2010年以来2度目の大賞を受賞し、賞金200万円を獲得した。

 奨励賞はかまいたちが受賞した。「去年も負けていて、今回負けたら3回負けたことになる。なんとかここで仕留めておきたかった」とボケの山内健司(38)は安堵の表情。

 新人賞はミキが受賞。兄の昴生(33)はこの日がバースデーで、「いい誕生日になりました。大賞に向けてこれからもやっていきたい」。弟の亜生(30)から電動歯ブラシをプレゼントされたが、「ちゃんと口臭かったです」と効果はなかったようだ。

関連記事(外部サイト)