ピエール瀧被告の担当弁護士が今後について言及 「治療に携わり判決公判待つ」

記事まとめ

  • ピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の初公判が5日、東京地裁で行われた
  • 検察は20代からコカインの継続使用を指摘、懲役1年6月を求刑し即日結審した
  • 担当弁護士は「執行猶予が付くと思う」、「治療に携わり判決公判待つ」と説明

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております