松本人志、たけし離婚に「70代の人ってめちゃめちゃ元気。板東英二も」

松本人志、たけし離婚に「70代の人ってめちゃめちゃ元気。板東英二も」

松本人志

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(55)が16日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。タレント、ビートたけし(72)が40年近く連れ添った妻の幹子さん(68)と今月上旬に離婚していたことにコメントした。

 13日発売の「女性セブン」は、数百億円とされる財産を幹子さんに渡し、たけしに残ったのは18歳年下のビジネスパートナーの女性、A子さんと暮らす東京都内の自宅のみと報道。

 松本は「どうしてさ、離婚のときにお金の話が出てくるの? どうでもよくない?」と第一声。「たけしさん、72歳からのリスタートじゃないですか。スタミナあるな〜って。70代の人ってめちゃめちゃ元気ですよね。たけしさんもそうだし、(武田)鉄矢さんもそうだし、板東英二もすごいですよ」と話すと、MCを務める東野幸治(51)から「なんで板東英二さんだけ、板東英二って呼び捨てなんですか」とツッコミ。松本は「(板東は)元気が良すぎて、オンエアできなかったんですから」と、自身が出演する番組で起きた“事件”に触れて笑いを誘った。

 12日のTBS系「水曜日のダウンタウン」(水曜午後10・00)では「中継先にヤバめ素人が現れてもベテランリポーターなら華麗にさばける説」を放送。VTR主演したタレントの板東英二(79)は、中継を妨害しようとする仕掛け人に対し、はじめは穏やかに対応していたが、徐々に険悪な様子に。仕掛け人がさらに中継を妨害しようとすると、VTRの最中で突然スタジオに切り替わり、ほぼ全てカットされた。

関連記事(外部サイト)