宮迫ら謹慎で「アメトーーク」「行列のできる−」出演シーンカット

宮迫ら謹慎で「アメトーーク」「行列のできる−」出演シーンカット

謹慎処分を受けた吉本芸人の主なレギュラー番組

 お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら芸人13人が事務所を通さない“闇営業”で謹慎処分が発表された24日、レギュラーを抱える民放テレビ局は対応に追われた。冠番組「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」(木曜後11・20)を放送するテレビ朝日や、高視聴率で知られる「行列のできる法律相談所」(日曜後9・0)の日本テレビは出演シーンのカットなど急ピッチで編集作業に入るとみられる。

 宮迫ら吉本芸人が支える人気レギュラー番組はどうなるのか−。

 日曜夜の人気番組で、平均視聴率で15%前後を記録する「行列のできる法律相談所」の日本テレビは「当該タレントについては、今後の出演を見合わせるとともに、すでに収録済みの番組は、出演部分に関して、可能な限り配慮して放送いたします」とコメント。

 「行列−」は7月7、14日放送回は収録済みで、宮迫の出演シーンをカットするなどして対応。代役なども含めて今後検討するという。

 深夜帯ながら10%台の視聴率を誇る雨上がり決死隊の冠番組「アメトーーク!」と、今回謹慎処分となった田村亮(47)が出演するロンドンブーツ1号2号の冠番組「ロンドンハーツ」(火曜後11・20)のテレビ朝日は「収録済みの番組につきましては対応を慎重に検討します」と説明。

 現状では日テレと同様の対応をするとみられるが、今週放送の両番組は編集作業が間に合わず、テロップなどで“応急処置”をするという。

 旬の注目アスリートが出演する「炎の体育会TV」(土曜後7・0)のTBSは「当該タレントについては、出演の見合わせを決めました」とコメント。関係者によると、同番組は2週に1度の収録で、直近の7月6日放送分については収録済み。放送に向けて再編集の作業に入る。

 雨上がりが司会の「世界の何だコレ!? ミステリー」(水曜後7・0)のフジテレビは宮迫の出演部分をカットするなどして対応した。

 亮が出演するNHK BS1「ラン×スマ 街の風になれ」(水曜後9・0)の26日放送回についてNHKはこの日、ミニ番組3本に差し替えると発表した。

 放送関係者は「謹慎期間は年内になるのでは」と推測しており、混乱は当面続きそうだ。

★謝罪コメント

レイザーラモンHG(住谷正樹、43)「この度は、自分の認識の甘さによる軽率な行動で多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまったことを深くお詫び申し上げます。この謹慎でしっかりと自分と向き合い、これからの人生を覚悟を持って生きていきます。申し訳ございませんでした」

ガリットチュウの福島善成(41)「5年前とはいえ、反社会勢力と知らず、そこで芸をして出演料を頂きました。そのお金が悪いことをして集められたお金とは知らず、生活費にあてました。報道のような高額ではありませんが受け取ったことは事実ですので、深く反省し二度とこのようなことがないようにします。いつも応援してくださるみなさま、関係者のみなさま、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした」

くまだまさし(45)「この度は、私の自覚不足、認識の甘さによる行動で、ファンのみなさま、関係者のみなさま、先輩、後輩の芸人、多くの方々にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げたいと思います。深く反省し、二度とこのようなことがないようにします。本当に申し訳ございません」

ザ・パンチのパンチ浜崎(38)「この度は、関係者の皆様、先輩、後輩の芸人、多くの方々にご迷惑をおかけしたことを心から深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございません。二度とこのようなことがないように致します」

天津の木村卓寛(43)「この度は、ファンの皆様・関係者の皆様・日頃お力添え頂いている皆様にご迷惑をおかけする形となり、本当に申し訳ございませんでした。心より深くお詫び申し上げます。私の認識不足でございました。二度と、このような事がないように深く反省致します。今後は少しでも世の中のためになっていけるように、しっかりと精進していきたいと思います。本当に、申し訳ございませんでした」

ムーディ勝山(39)「この度は、今回の件でご迷惑をお掛けしました皆様、心より深くお詫び申し上げたいと思います。近年地方でも応援してくださっている方がたくさんいる中、自分の認識不足により、このようなことになってしまい本当に申し訳ございませんでした。また精進できるよう、深く反省し二度とこのようなことがないように致します。本当に申し訳ございませんでした」

2700の八十島宏行(35)「今回の謹慎処分を受け、今頭が真っ白の状態です。関係者の皆様、ファンの皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。これからの期間で自分を見つめ直そうと思います」

2700の常道裕史(36)「この度は私の認識の甘さ、確認不足によりあってはならない関わりが生じてしまいました。ファンの皆さま、関係者の皆さま、先輩・後輩芸人、多くの方々にご迷惑をおかけしましたことを心から深くお詫び申し上げたいと思います。深く反省し二度とこのような事がないようにします。本当に申し訳ございません」

ストロベビーのディエゴ(41)「私の認識の甘さから、多くの方々に多大なご迷惑、ご心配をおかけしました。真摯に受け止め、深く反省しております。本当に申し訳ございませんでした」

吉本芸人の闇営業騒動の経緯

 ★6月6日 宮迫、亮、HG、福島が2014年12月に振り込め詐欺グループの忘年会に出席していたことが「FRIDAY」の報道で判明。吉本興業は参加芸人に厳重注意、仲介役の入江は同4日付で同社と契約解消したと発表 ★同7日 入江、宮迫がツイッターで謝罪。詐欺グループと認識せず、ギャラはもらっていなかったことなどを釈明 ★同8日 入江の相方・矢部太郎がツイッターで「カラテカ」のコンビ名を残して単独で活動することを宣言。亮がツイッターで謝罪 ★同9日 ダウンタウンの松本人志がテレビ番組で、入江に電話で説教したことを告白。「何らかのお金は多分、出ていると思う」と見解を披露 ★同10日 楽しんごが闇営業をしていたとして、4月に吉本興業から契約解消されていたことが判明 ★同13日 2014年6月ごろ開かれた首謀者の誕生日会に、勝山、木村、くまだ、ザ・パンチ、2700が参加していたことが新たに判明。吉本興業は参加芸人に厳重注意 ★同18日 同日発売の「FLASH」で、振り込め詐欺グループの“金庫番”が忘年会の参加芸人へのギャラとして計300万円を振り込んでいたと証言 ★同24日 吉本興業が宮迫ら芸人11人を謹慎処分にしたことを発表

関連記事(外部サイト)