闇営業問題に大御所も反応、さんま「入江に頼まれたら俺も行ってた」

明石家さんまが吉本興業"闇営業問題"に言及 カラテカ入江慎也氏からレアグッズ入手も

記事まとめ

  • 明石家さんまが「ヤングタウン土曜日」で吉本興業の「闇営業問題」に言及した
  • 入江慎也氏についてさんまは、「お願いしますって言ったら絶対に行ってたよ」と話した
  • 入江氏に恩義があるからだとし「もしその人(反社)のルートやったら僕、謹慎」と宣言

闇営業問題に大御所も反応、さんま「入江に頼まれたら俺も行ってた」

闇営業問題に大御所も反応、さんま「入江に頼まれたら俺も行ってた」

明石家さんま

 タレント、明石家さんま(63)が29日放送の大阪・MBSラジオ「MBSヤングタウン土曜日」(後10・0)で、吉本芸人の闇営業問題に言及した。

 仲介人とされるカラテカの入江慎也(42)にレアなサッカーグッズなどを手に入れてもらったことがあるとし、「入江に頼まれたら俺も絶対に行ってた」と振り込め詐欺グループの忘年会に参加した芸人らに同情。「(グッズの入手先が)もしその人のルートなら僕、謹慎します」とも。その上で「吉本がギャラさえ上げれば、ああした仕事に行かなくてもすむ」と指摘した。

 タレントのビートたけし(72)も同日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・0)で「闇営業をしなきゃいけない状態にする事務所もおかしい。最低限の金銭補償くらいすれば」と苦言を呈した。

関連記事(外部サイト)