新井浩文被告、2日初公判

新井浩文被告の初公判が9月2日開催へ 嫌がる女性を力ずくで乱暴したかどうかが争点

記事まとめ

  • 女性従業員への乱暴で起訴された新井浩文被告の初公判が、2日に行われる
  • 被害者との示談は成立しておらず、そのため初公判まで7カ月かかったとみられている
  • 裁判の争点は、新井被告が嫌がる女性従業員を力ずくで乱暴したかどうかだという

新井浩文被告、2日初公判

新井浩文被告、2日初公判

新井浩文被告

 派遣型マッサージ店の30代女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪で起訴された俳優、新井浩文(本名・朴慶倍=パク・キョンベ)被告(40)の初公判が、2日、東京地裁で開かれる。

 複数の関係者によると、新井被告は女性を含む3、4人の弁護団で裁判に臨むという。2月1日の逮捕から初公判まで7カ月かかったのは被害者との示談交渉が難航したためで、現在も成立していないとみられる。

 起訴状などによると、新井被告は昨年7月1日未明、東京・世田谷区の自宅マンションで従業員に対し、頭を押さえつけるなどの暴行を加えたとして逮捕され、今年2月5日付で当時の所属事務所から契約解除された。

 新井被告は「頭は押さえつけていない」などと一部否認しており、嫌がる女性従業員を力ずくで乱暴したかどうかが争点の一つとなる。新井被告が何を語るか注目される。

関連記事(外部サイト)