松坂桃李『日本アカデミー賞』で最優秀助演男優賞 柚月裕子氏原作映画『孤狼の血』

記事まとめ

  • 『第42回日本アカデミー賞』で『孤狼の血』の松坂桃李が最優秀助演男優賞を受賞した
  • 松坂は「白石監督の作品は2作目」「僕にとって財産になった。嬉しい」と喜びを語った
  • 作家・柚月裕子氏の同名小説を映画化、暴力団対策法成立以前の広島を舞台にした物語

【日本アカデミー速報】最優秀助演男優賞は松坂桃李さん

 最優秀助演男優賞は、「孤狼の血」の松坂桃李さんが受賞した。松坂さんは「白石監督の作品は(「彼女がその名を知らない鳥たち」に続いて)2作目。20代半ばから、いつもとは違う色の作品に挑戦したいと考える中で、白石監督に出会った。僕にとって財産になった。本当にうれしい」と喜びを語った。

 同作は、作家、柚月裕子さんの同名小説を映画化。昭和63年、暴力団対策法成立以前の広島県を舞台に、暴力団の壊滅を目指す警察組織のぎりぎりの戦いが描かれている。