有楽町スバル座が今年10月に閉館「今後の映画興行事業の展望や施設の老朽化」が理由

記事まとめ

  • 有楽町スバル座が今年10月に閉館し、53年の歴史に幕を閉じることが決定した
  • 『ブリキの太鼓』など多くの洋画、邦画やスヌーピー作品の上映で知られた
  • 運営するスバル興業は「映画興行事業の展望や老朽化等を総合的に判断した」と説明

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております