能楽観世流二十六世宗家の観世清和、「観世会春の別会」で5年ぶりに大曲”大原御幸”

記事まとめ

  • 能楽観世流二十六世宗家の観世清和が「観世会春の別会」で”大原御幸”を勤める
  • 出家した平清盛の娘(清和)が後白河法皇に、平家都落ちや安徳天皇の最期を語る作品
  • 大きな動きがなく、語り(謡)で観客の想像力を喚起させる能らしい舞台

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております