立川志らくが「志らくひとり舞台」に挑戦 談志さんを受け継ぎ「イメージを壊したい」

記事まとめ

  • 立川志らくが、落語の裾野を広げるために「志らくひとり舞台」に挑戦する
  • 様々な要素を取り入れ、落語は難しいというイメージを壊したいと意気込んでいる
  • 師匠の立川談志さんからは"落語は伝統芸になってはいけない"という教えを受けたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております