宮崎駿監督、丑之助初舞台の祝幕に原画提供

 歌舞伎俳優、尾上(おのえ)菊之助さん(41)の長男、寺嶋和史(てらじま・かずふみ)さん(5)が5月に七代目尾上丑之助(うしのすけ)を名乗り初舞台を踏むことを祝う「祝幕」に、アニメ映画「千と千尋の神隠し」で知られる宮崎駿監督(78)が原画を提供した。11日、菊之助さんらが都内で発表した。

 祝幕は、特別な興行で使用される引き幕。原画には和史さん演じる牛若丸にちなみ、京都・五条大橋での牛若丸と弁慶の姿が描かれた。菊之助さんは「躍動感あふれる作品」と満面の笑顔。菊之助さんによると、和史さんも原画に「これ僕?」と喜んだという。

 祝幕は5月3日、東京・歌舞伎座で開幕する「團菊祭五月大歌舞伎」で披露される。12月、菊之助さん主演で宮崎監督作品「風の谷のナウシカ」が新作歌舞伎になることが縁で今回、実現した。

関連記事(外部サイト)